SPD-9100/オリジナル

2011年05月10日
関連ワード:韓国 , 個人線量計 ,
SPD9100.jpg
製品仕様
メーカー SFT(Sans Frontier Technology)[公式]
検出器 シリコン半導体
測定可能放射線 γ線、X線
線量率範囲 0.1μSv/h~1Sv/h(表示:1μSv/h~1Sv/h)
積算線量範囲 0.1μSv~10Sv(表示:1μSv~10Sv)
アラーム機能 あり
計測時間 -
エネルギー感度 30keV~6MeV(測定範囲:±30% 50keV~3MeV(at 137Cs))
バッテリー 単3(3.6V)リチウム電池:12ヶ月
単3(1.5V)アルカリ電池:6ヶ月
使用環境 -10℃~40℃ / 40%~90%(35℃)
寸法(mm) 80×48×24mm(クリップ部分除く)
重量 85g(電池とクリップ含む)
【黒】【青】(【紫】)【シルバー】
備考・その他 2011.05.18追記:マザーツール版(日本)の詳細がわかってきました。詳しくはマザーツール版のカタログをご参照下さい。なお、以下は2011.05.18以前に書かれた備考としてお読みください。
韓国メーカーの測定器で、おそらくは個人線量計だと思われます。赤外線でPCへデータ転送できるようです。

当表のスペックは上記の通り、韓国メーカーの公式サイトから引用しています。マザーツール社(日本)という名前も散見しますが、同社公式サイトには当器は掲載されていません。

測定範囲を「0.01μSv~10.00Sv/h」としている販売店・業者もありますが、韓国メーカーの公式サイトの説明と異なります。さらに、ガイガーカウンターだという説明も見受けられますが、韓国メーカーの公式サイトには「Semiconductor」とあります。シリコン半導体検出器でしょう。

マザーツール社は計器等のOEM販売をしている会社なので、もしかしたら独自にカスタマイズした放射線測定器を韓国メーカーに作らせ、日本で販売しているのかもしれません。ただ、これはあくまでも想像なので、実情は不明です。販売店の説明が間違っているかもしれませんしね。正確なことは販売店にお問い合わせください。

とりあえず、韓国メーカーのサイト上では確実に商品説明がなされているので、製造国は韓国としておきます。
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)