2012/02/10

PA-1100 Radi

関連ワード:日本 , はかるくん , サーベイメーター ,
pa1100_000.jpg
製品仕様
メーカー 堀場製作所[公式]
検出器 CsI(Tl)シンチレーター
測定可能放射線 γ線
線量率範囲 0.001~9.999μSv/h / 10.00~19.99μSv/h
※デジタル4桁表示自動切替
積算線量範囲 -
アラーム機能 -
計測時間 60秒(60秒の積算値(移動平均)を10秒毎に表示)
エネルギー感度 150keV~1250keV
バッテリー 単3電池 1.5V×2本(マンガン電池、アルカリ電池)
USB接続時は、USBからの電源供給
使用環境 -
寸法(mm) 68×28×121mm
重量 175g以下(電池除く)
【白】【青】
備考・その他 感度:1μSv/hに対して毎分1000カウント(1000cpm)以上
相対指示誤差:±10%以内
指示値変動:変動係数0.1以下
エネルギー特性:0.5~3(簡易エネルギー補正)
※137Cs(セシウム-137)(662keV)に対する感度を1とした場合の相対感度
インターフェース:Bluetooth、USB
Bluetooth通信/線量当量率(μSv/h)データを出力(シリアルポート・プロファイル(対応OS:Android2.2以降)がサポートできる端末のみ使用可能)。Android™端末より得られた時刻、緯度経度、高度情報とPA-1100より得られた線量当量率をCSV形式でAndroid端末に保存。
USB通信/USBケーブル(付属品)にて線量当量率(μSv/h)データを出力(Windows 7、Vista、XPに対応)。PCより得られた時刻情報とPA-1100より得られた線量当量率をCSV形式でPCに保存。
付属品:取扱説明書、単3アルカリ電池×2本、ネックストラップ、USBケーブル
希望販売価格:148,000円(税込155,400円)
発売日(予定):2月20日

pa1100_006.jpg pa1100_007.jpg pa1100_008.jpg

デジタル表示の切り替えは分解能の切り替えということでしょうかね。0.001から0.01へと。本体の液晶画面下に「×1 ×10cpm」とありますし。ちょっとよくわかりません。

おっと。PDF資料と違うぞ。PDFの資料には同じ箇所には「Bluetooth」とあります。どっちでしょう…。


通信機能付 環境放射線モニタ PA-1100 Radi(PDF)

pa1100_009.jpg 線量率表示の下にセグメントバーがあります。これは放射線強度のインジケーターなのか、あるいは測定時間を指し示すものなのか…。

※単なるBTのオンオフ表示だそうです。コメント欄もご参照下さい

「簡易エネルギー補正」が具体的にどんなものなのか知りたいですね。「PA-1000」も同じく0.5~3ですが、こちらにはこうした但書はありません。この差はなんなのか…。

と、知りたいことがいろいろありますが、楽しみですね。販売開始直後は入手困難だと思われますが(^^;
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: PA-1100 Radi

さすがにスペクトルはわからないと思います(^^;

後段の件ですが、なんでしょうねぇ。ロットによって違うなんて噂もあったりしますし(最近のものにはついてるとか)、謎ですw ただ、Radiのこの件に関しては、確実に話題として盛り上がるでしょうからw、そのうち実情がわかるかもしれませんね。

PA-1100 Radi

スペクトルは、そうでしょうね。
残念ですが・・・

それとよく見ていなかったんですが、値段が・・・
前のモデルは安い所で10万切ってましたのでこの値段は、チョット厳しいです。
詳細がわかるまで、暫く様子を見ることにします。

情報ありがとうございました。

買いました

以前ソエックスを購入するときにお世話になったものです
やっぱりGM管では高い低いの差しかわからないので
ヤフーショップポイント10倍デーを利用して
実質113500円で購入しました
この機能で12万きれば買いでしょうねw
欲を言えばスペクトラムに対応できるといいのですが

Re: 買いました

おおお。13万円台というのが多いと思うのですが、その価格はいいですね。PA-1000と同じくらいじゃないでしょうか。まだ持ってる人が少ないと思いますし、ぜひ、使用感レポお願いしますw 検証はかなり難しいと思うのですが、特に”簡易補正”というのが気になりますよねぇ。

他人事ながら、新機種を入手するワクワク感はよくわかりますw 届くのが楽しみですね(^^

セグメントに関して

あれはBluetoothのON・OFFを示すもので
A2700のようなカウントや放射線強度ではありません
検証する環境がないので簡易補正については謎ですねw
またCPM表示もなくSETボタン押すと音あり・音無し・青歯ON青歯OFFが切り替わるだけです 切り替えは4通りです
使用してみた感想ですがMap作りにいいと思いましたが
提供されているアプリの完成度が低いので
手直しをしていただきたいところが満載ですが
今後期待できる機種だと思います
特にスマホ連携は便利ですよw
ちょろっと使用レポをBlogにしてみました

Re: セグメントに関して

> あれはBluetoothのON・OFFを示すもの

そうなんですか。そんな単純なものだったとはw 初期の同機画像に「cpm」なんて記載があったものですから、「もしかして…」なんて思ったのですが違いましたか(^^;

> 使用してみた感想ですがMap作りにいいと思いましたが
> 手直しをしていただきたいところが満載
> 今後期待できる機種

CSVで出るとのことなので、汎用性はありそうですよねぇ。

> 特にスマホ連携は便利ですよw

画像を見る限りはとても見やすいインターフェイスですし、いいですね。

> ちょろっと使用レポをBlogにしてみました

じっくり拝見させて頂きますw

コメントおよび情報ありがとうございました。非常に参考になります。今後ともよろしくお願いします。


rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+