2012/02/08

SEG-001 "AKP-C" -40

AKP_001.jpg
製品仕様
メーカー Atom Komplex Prylad(AKP)[公式]
アトムコンプレックスプルィラド
検出器 NaI(Tl) Ø40×40mm
対応核種 131I, 103Ru, 106Ru, 144Ce, 137Cs, 134Cs, 226Ra, 232Th, 40K, 222Rn 131I, 103Ru, 106Ru, 144Ce
検出限界 Cs-137:10Bq/kg・L | Ra-226・Th-232:60Bq/kg・L | K-40:190Bq/kg・L
※「minimum measuring activity」
※厚さ3cm鉛シールド内、0.5Lマリネリ容器使用 測定時間60分
容器容量 0.5L / 0.140L
計測時間 -
電源 AC220V,50Hz(※備考欄参照)
使用環境 +5~+40℃ / ~80%
寸法(mm) 412mm×340mm
重量 52kg
備考・その他 γ線エネルギー範囲:0.2~3MeV
MCAチャンネル数:1024ch

当機の輸入代理元となっているサードウェーブ(=ドスパラ)の資料では「100V, 50/60Hz」となっています。

[参照サイト]
THIRDWAVE(サードウェーブ) 安全環境事業部

同シリーズには「-63」「-150」というモデルもあります。

以下は曖昧です。

鉛シールドが2つに分かれるんでしょうか。これのおかげで、マリネリ容器でも測定できるし、袋で流量測定もできるといった説明があります。すみません、ちょっとよくわかりませんでした。サードウェーブの説明では「鉛シールドが分割式なために検出器の移動が容易」とありますが、これと同じことなのかどうか…。

ロシア語版、英語版の説明が異なります(どちらが正しいとかではなく)。両者を読み比べるとより詳しくわかると思います。qualitative なのか quantitative なのかも書かれています。難しいですね(^^;

[参考資料]
検出限界と定量下限の考え方(上本道久氏)
詳細・購入 ベクレルモニタ一覧(楽天市場) | ベクレルモニタ一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+