BS2010A

2012年02月07日
関連ワード:中国 , 個人線量計 ,
BS2010x_001.jpg
製品仕様
メーカー 上海贝谷仪器科技有限公司[公式]
検出器 GM管
測定可能放射線 γ線、X線
線量率範囲 バックグランド~500mSv/h
積算線量範囲 0.1μSv~9999mSv
アラーム機能 あり
計測時間 -
エネルギー感度 20keV~3MeV
バッテリー 単3電池×2本
使用環境 -10℃~50℃ | ≦90%
寸法(mm) 116×60×22mm
重量 90g
【青】【黄色】
備考・その他 USBを介してPCへデータ転送可能。

贝谷仪器科技有限公司の個人線量計です。「BS2010」の後継機だと思われます。以下の記事もご参照下さい。

「BS2010」が「BS2010A」へリニューアル? / 中国核工業集団公司から見た放射線測定器

この記事の執筆にともない、当スペック表も改定しました。以下の文章はそれ以前に書いたものです。実情と異なる部分もあるかもしれないということをご了承ください。
「BS2010」という製品名ですが、上海贝谷仪器科技有限公司の「BS2010」(左商品参照)とは別物だと思われます。また、当「BS2010」のメーカーもおそらくは北京华拓鸿达科技有限责任公司だろうという程度のことしかわかりません。阿里巴巴(アリババ)の同社ページはこちら↓
http://detail.china.alibaba.com/buyer/offerdetail/1125495220.html

製品名には「BS2010型直读式X、γ个人剂量仪」といった説明がつけられています。常識的に考えれば”直読式”というのは基本的に個人線量計に用いるタームですし、”个人剂量仪”=個人線量計と記載されていますから、当機も個人線量計ということになるのですが、ただ、そのような常識が通用するわけでもなし(中国が、という意味ではなく、この業界が。適当なところが多い業界なので(^^;)、個人線量計なのかサーベイメーターなのかはわかりません。

USBでPC接続可能。個人線量管理ができるとあります(USB数据接口,可与计算机通讯,配备个人剂量管理软件)。常識的に考えれば、個人線量≒被ばく量をPCで管理できるということは、やはり個人線量計である可能性が高いのですが、以下同上。

まあ、個人線量計でしょうね(^^;
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)