ノスタルジックな中国製放射線測定器

2012年02月07日
関連ワード:コラム , デザイン ,
今回は中国系のネタをいくつかまとめてご紹介。前回のネタはこちらです。あわせてどうぞ。

[関連過去記事]
素晴らしき中国製放射線測定器

さて、ひとつめは「HX-3000B」「LY-2000B」といった名前がつけられている放射線測定器です。

gc_247.jpg

画面構成やスペックを見れば、「RAY2000A」あるいは「LK3600」あたりと同等機なのかなとも思うのですが、もはや何と同等でも、OEMでもパクリでもそんなことは問題じゃありません。

gc_248.jpg なんでしょうねぇ。もちろん、人によってさまざまでしょうけど、私は昭和、しかも1970年代を感じます。パステルカラー。ブルーの背景。明らかにフェイクとわかる果物のサンプル。ネムいボケた写真。これらが混然一体となり、「カラーテレビ」なんて言葉がありえた時代の雰囲気を醸し出しています。ノスタルジーを感じます。だけど現実は2011年、2012年の製品です。いや、この味わいは狙ってもなかなか出せませんよ。

なぜ青系統で3色なんだ!? もっとカラバリの幅あるだろうとか、そういうツッコミも無化してしまうような、なんとも言えない存在感です。

[参考サイト]
http://detail.china.alibaba.com/buyer/offerdetail/1032285355.html
http://detail.china.alibaba.com/buyer/offerdetail/1101013417.html

次はこちら。

gc_249.jpg gc_250.jpg gc_251.jpg

おー、「Dr.ガンマ」の元素材?w

スペック表を見ますと、

累积剂量当量:Hp(10)0.0 μSv-9999 mSv
剂量当量率: Hp(10)0.1 μSv/h-99.99 mSv/h

と書かれていますね。なるほど。

いえ、これがイコール「Dr.ガンマ」だとも「JB4020」だとも「ES-GC01」だとも言ってません。ですから、これらがH(10)なのかHp(10)なのかもわかりません。この説明自体があってるのかどうかもわかりませんしね。そもそもJB4020系統って、スペックも見た目もほぼ同じなのに、中身がまったく違うなんてことがしょっちゅうで、どうなっているのかさっぱり不明ですw

[参考サイト]
http://detail.china.alibaba.com/buyer/offerdetail/1095631728.html

2012.05.25追記:「JB4020」は個人線量計だとわかりました。

JB4020が個人線量計 / Hp(10) と判明。ということは、精密博士、ES-GC01は…

そして今回の目玉はこちら。

gc_252.jpg

初めて見ました。もちろん、あの「BS2010」とは違います(たぶんw)。一瞬、「SW83A?」とも思ったのですが、これとも違います。なんだろなぁ。オリジナルでしょうかね。よくわかりません。公式サイトらしきものも見つけたので、ご参照下さい。時間のある時にカタログにもまとめます。

[参考サイト]
http://detail.china.alibaba.com/buyer/offerdetail/1125495220.html
http://www.bjhcx.net/goodsid/goodsview/12949966.html

それにしても、次から次へといろいろ出てきますね。おそるべし中国。
関連記事
エアカウンターEX

前後の記事

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)