「PM1405」が出品されました。いま一度、ベータ粒子束密度について簡単に

2012年01月28日
関連ワード:最新入荷情報 , Polimaster , ベータ粒子束密度 ,
「PM1405」(Polimaster)が出品されました。よくできてるなぁという印象を受ける、大変興味深い機種です。

ベラルーシもどちらかというとロシア系だと思うのですが、「GM管」と公式サイトでも言ってますね。ロシア系メーカーはこの類の検出器を「GM管」とは言わないことが多いのですが。いわゆる丸い形のパンケーキ型GM管で、パッと見は「RADEX RD1008」と同じBETA-2のように見えます。詳細は不明です。

「PM1405」一覧(楽天市場)
「PM1405」一覧(Amazon)

いろいろな測定モードが用意されているのですが、なんといってもβ線でしょう。「PM1405」のβ線測定モードがとても面白いです。

On the LCD is indicated the counting rate (Figure 2.12) resulting from joint β-γ-radiation by β-flux density modification.

ベータ粒子束密度用の調整(≒校正)でβ+γの合算から得られる計数率を表示していると言っています。

つまり、

(β+γ計数率-γ計数率)→フラックスへの換算=ベータ粒子束密度

としているわけです。結局、γ線分は差し引き、プラスマイナスゼロになるわけですから、「β-flux density modification」で測っちゃってもいいんですね。ただし、

Then the screen-filter should be closed and the measurement should be carried out at the same place on the same surface.

「same」じゃなきゃいかんと。条件がそろってないと、引き算が正確じゃなくなるからでしょう。たぶんですが(^^;

この点を「TERRA MKS-05」と比べると実に面白いです。「TERRA」の場合は、まずγ線を測定します。この段階ですでに両者は違います。また、「PM1405」は計数率で差し引きしていくのに対し、「TERRA」は線量率を出します。ここも違います。さらに、裏蓋の開閉前後の対象との位置関係も、「PM1405」ほどシビアには説明していません。青歯テラのマニュアルには、裏蓋をしめたまま「over the surface」(曖昧w)でDER測定し、裏蓋を開け、「in parallel to the examined surface and place it as close as possible.」にします。黒テラの場合は、そもそもDERモードの時点での位置については一切触れられていません。

同じベータ粒子束密度の測定なのに、測定手順、方法がここまで異なります。面白いですねw

ですが、両者には似ている部分もあります。β線を遮蔽してγ線を差し引こうとする点です。これに対して、「MKC-01-CA1M」は遮蔽ではなく距離でβ線をコントロールしようとします。つまり、対象に近づけた測定値と、対象から離した測定値を差し引きます。これまた面白いw

ちなみに、「Pripyat」の場合は、どちらかというと「PM1405」寄り。γ線の測定においても”フラックス”(カッコつき)にしてしまいます。そして、合算でもフラックス。最後はユーザーに手動で両者を引かせます。あえて数式っぽく書くとこんな感じでしょうか。

(β+γ計数率→フラックス)-(γ計数率→フラックス)=ベータ粒子束密度

上記の「PM1405」と比べると、よくわかると思うのですが、フラックスの換算を一気にしてしまうのか、それぞれでするのかの違いですね。

Y = (a - b) * X
Y = aX - bX

どっちも一緒。みたいな感じですw

ただし、先ほど「カッコつき」といった通り、「Pripyat」のベータ粒子束密度におけるバックグランド測定は正確にγ線のフラックスではありません。”なんちゃって”です。なぜならβ線で校正されたプログラムによって算出されているからです。でも、これまた「PM1405」と同様、結局、差っ引くわけですから、なんちゃってでもいいんですね。

なんてことは、過去にも散々見てきたことなので、詳しくは過去記事をご参照下さい。内容に自信がありませんし、いま読み返すと微妙なところもあったりするのでリンクは掲載しませんw 興味のある方は検索してみて下さい。

それにしてもベータ粒子束密度は難しい。まだまだわからないことだらけです。引き続き、勉強していきます。また、過去記事も時間があるときにでも随時改定していこうかと思ってます。

「PM1405」について書こうと思っていたのですが、なんか話がズレてましたね(^^;
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)