「Lost Places」福島レポ第二弾に登場したハイスペック放射線測定器2種

2012年01月23日
関連ワード:ニュース
「Lost Places」の福島レポ第二弾がアップされました。

[参照サイト]Lost Places - Chornobyl Zone:Classmates. Fukushima Prefecture. The Second Day

彼らの置かれている環境は20年以上経った今どうなのか、そして、どういう思いで福島にやってきたかなんてことを想像すると、胸に熱いものがこみ上げてきます。ということはTwitterで簡単につぶやきましたので、よければご覧下さい。

で、今回のレポートに登場したのは2機種です。「SPECTRA (Search dosimeter-radiometer MKS-11)」と「STORA-TU」。いずれも「TERRA」でおなじみのSparing-Vist Center社=Ecotestの製品です。 「SPECTRA」は日本市場では見たことがありません。γ線と中性子を測定でき、γ線の核種同定もできるハイスペックサーベイメーターです。検出器はシンチレーターで、CsI(γ線)とLiI(中性子)です。文中および公式サイトでは「CsJ」「LiJ」となっています。キリル文字の関係でしょう。

< 写真がないので不明ですが、「STORA-TU」は新旧どちらでしょうかね。新旧の差は、黒テラと青歯テラの差と似ています。BTの有無、画面の広さが異なります。いずれにせよ、GM管は4連装。どちらかというとスピード重視の設計なのでしょう。個人的に現在、一番興味のある機種のうちのひとつです。

※新旧という言い方は不適切かもしれません。そして、公式には載ってない、さらに古いバージョンもありまして、それはおそらくGM管1本です。

Amazonだと13万円ですか。「A2700 Mr.Gamma」「PA-1000 Radi」あたりを買う人はまだまだいるでしょう。そう考えれば、価格的にまったく無理な機種でもないと思うのですが、どうも見向きされませんね。テレスコピックというのでしょうか、伸縮する棒がついてるのも面白いのですが…。

しかしまあ、さすがと言いますか。いいものをお持ちでらっしゃいますねw

「STORA-TU」一覧(楽天市場)
「STORA-TU」一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)