日本精密測器がシンチ「DC-100」を2月末にビックカメラにて販売開始

2012年01月23日
関連ワード:ニュース
同社に電話にて問い合わせました。

・新聞で発表されている以上の詳細はまだ言えない。
・販売開始予定は2月末。ビックカメラにて販売する。
・販売時期が近付いたら、ホームページでも情報を公開する予定。

とのことでした。

2012.1.28追記ビックカメラ楽天市場店にて予約受付が開始されました。当機に関する詳細は当サイトのカタログでどうぞ。

2012.2.15追記左のビックカメラは売り切れたようです(また出品されるかもですが)。代わりにソフマップ 楽天市場店が扱いはじめたので追加しておきます(右)

血圧計などを製造販売する日本精密測器(群馬県渋川市、君浦康友社長)は空間中の放射線量を素早く高感度で計測できる小型の空間線量計を開発、2月中に発売する。さまざまな場所で空間の放射線量を測りたい人が多いと判断、重さ約62グラムと小型にした。メーカー希望価格は3万9800円。個人が購入できる価格帯にした。

開発した「DC―100」の測定感度は0.01マイクロ(マイクロは100万分の1)シーベルトと、従来の個人向け線量計と比べ5倍程度高感度。安価な線量計に使われるフォトダイオードだけでなく、放射線に対してより感度の高いシンチレーターを組み合わせた。入手しやすい部品で構成し、価格を抑えた。

測定開始から30秒で放射線(ガンマ線)の量を液晶画面に表示し始め、放射線を感知したときにはブザーを鳴らすことも可能。単4アルカリ電池2本で動き、1日30分の使用で160日使える。

[ソース]日本経済新聞:個人向け放射線量計、感度5倍 日本精密測器

相変わらず、新聞報道の内容はトンチンカンですがw(測定感度が0.01マイクロシーベルト? 「従来の」って具体的に何?)、少なくとも日本精密測器が2月末にシンチをビックカメラにて販売し始めるというのは確かなようです(予定ですが)。 あ、「今のところ、ビックカメラさん”のみ”で」ともおっしゃっていました。

シンチでこの価格ですか。いいですね。サイズがわからないのですが、62gということは、ヤマガタ共同の「γ11」よりは大きい? 「CK-3」(メディキタス/左商品参照)、「SV2000」(岩通計測)ほどは大きくない? シンチではないですが「CK-6」(メディキタス)が85gですから、だいたいそれくらいのサイズ感でしょうか。デザインもすっごく気になります。

と、いろいろ想像しながら、公式発表を楽しみに待ちましょうw

なお、日経新聞のウェブ記事は、確か期限があったような…。見れなくなったら、また違うところからソースを引っ張ってきます。

[参考サイト]日本精密測器
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)