2012/01/14

陸自・イラク派遣隊の放射線測定装置がわかりました

放射線測定器に関するサイトは数あれど、こんなどーでもいいことを追求しているのは当サイトだけ!w 「自衛隊はどんな放射線測定器を使ってるんだ?」という記事で宙づりとなっていた、陸上自衛隊・イラク派遣隊が使用している「放射線測定装置」ですが、正体をつかみました(これはプラモデルの話ですw ただ、上記過去記事ではちゃんと実際のものも調べてますので、よければご参照下さい)。

gc_212.jpg gc_213.jpg アロカだろうとの予想はあたっていました。「ADM-112」もしくは「ADM-353B」です。前者はおそらく廃盤になっています。現在でも販売されているのは後者だけでしょう。

[参照サイト]日立アロカメディカル:ADM-353B

「ADM-353B」はγ線と中性子線に対応した個人線量計で、データ読取装置の「PAS-101」と組合せれば、中性子線とγ線を個別に読取りが可能です。「ADM-112」は「PDM-122」あたりに統合されたんだと思います。たぶん。

はあ、スッキリしたw

ちなみに、プラモデルの中身を見てみました。放射線測定器は米粒ほどの大きさでしたwww
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+