RDS-80の不思議な、いや、お得な価格w / 国際単位系(SI)

2012年01月12日
関連ワード:最新入荷情報 , MirionTechnologies ,
左は「RDS-80」、右は「RDS-30」。前者はマイカ窓付パンケーキ型GM管でα線、β線、γ線を測定可能(cps、Bq/cm^2)。後者は普通のエネルギー補償型GM管でγ線を測定可能(μSv/h)。同じショップが同じ価格で両者を出品していますw

2012.1.13追記:左は「RDS-80A」かもしれません。詳細は当記事のコメント欄をご覧下さい。

どちらのほうが”上”かとは言えません。使用目的等によりどちらのほうがいいかは変わります。ですが、単純に製品の製造コストを考えれば、「RDS-80」のほうが高くなるのが通常でして…。

もちろん、何をいくらで売るかはショップの裁量。仕入れ値等、さまざまな事情で販売価格が決まります。ですから、「RDS-30」と「RDS-80」が同じ価格であっても、なんら問題はありません。少し不思議な感じはしますがw ま、どちらかというと個人的には「RDS-80がお得だね」というのが率直な感想と申しましょうか。

というわけで「RDS-80」ですが、Mirion Technologiesのサーベイメーターです。計数率(1~100 000 cps)、放射能面密度(0.01~100 000 Bq/cm^2)の測定が可能です。Sv表示はありません。汚染の検出にはSvなんてものはいりませんから、こういうシンプルな設計はいいですね。

余談ですが、SI的には「100 000」と書くのが正確で「100,000」という表記は推奨されていません。ただ、「100,000」と書くべきではないとは言わないとも言っていまして(ややこしい言い方だw)、このあたりのことも”測定”という観点からすると、とても面白いです。ぜひ一度、国際単位系なんてものも見てみてはいかがでしょうか。ちなみに数値と単位の間にわざと半角スペースも入れてみました。これもSIの規則です。cpsはSIじゃないんですけどね。「^2」も便宜的な…長い余談でした。

[参照サイト]
国際単位系(PDF)
「国際単位系(SI)は世界共通のルールです」パンフレット完成

「RDS-80」一覧(楽天市場)
「RDS-80」一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

329. 2012.01.13
はじめまして。いつも興味深く読ませていただいています。ありがとうございます。

RDSには興味があり、早速Amazonを見ましたが、RDS-80Aになってますね。商品の説明にはCPSまたはBq/cm2(切替可能)とあるのに、商品の仕様にはDPM(毎秒崩壊数)の値の計測になりますとあります。

RDS-80と異なり、CPMとDPMだけのようですが、そもそもこの二つの測定単位の違いがわかりません。α、β崩壊した後、安定するまでγ線が出ると読んだことがあるのですが、崩壊数と放射線のカウント数は違うものなのでしょうか?DPM(崩壊数)はBqの60倍と考えてよいのか、そもそもどうやって崩壊数をカウントするのでしょう?放射線数のCPMから導き出すのでしょうか?質問ばかりで恐縮ですm(_ _)m。
330. 2012.01.13
コメントありがとうございます。ホントですね。失礼しました。

RDS-80:cps、Bq/cm^2
RDS-80A:cpm、dpm

このような差があるようです。本体の表記も異なります。ただ、MT社公式サイトにおいては
https://www.mirion.com/?p=hp_portable
ここでその名称を見かけるだけで、実質的にはRDS-80の説明しかありません。どうなってるんでしょうかね。ちょっと問い合わせてみます。

cpm、dpmの関係ですが、まず定義から。

1 Bq = 1 dps(崩壊/秒)= 60 dpm(崩壊/分)
cpm = 計数率

Bq、dpmは核種側の話で、cpmは機器側の話です。

放射線測定器がすべての放射線を拾えるなら、1 dpm = 1cpm となりますね。理路的には。ただ、すべての放射線が拾えるわけではありませんし、おっしゃる通り、1壊変で放射線を1回放出するとは限りません。ですから、機器が拾った毎分のカウント数=cpmに適切な計数効率をかけてdpm、Bqを算出することになります。もちろん、この計数効率は機器によって異なります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%8A%E5%A4%89%E6%AF%8E%E5%88%86
331. 2012.01.13
丁寧な解説、助かります。素人が計測から放射線の世界に触れたため、わからないことだらけですが、今後もよろしくお願いしますm(_ _)m。ありがとうございました。
332. 2012.01.13
お役に立ててよかったです(^^

と同時に、このようにコメントを頂けると、より確かな情報をお届けできるようになりますし、また、勝手な言い分ですが、私自身の勉強にもなりますので、とても助かります。

今後ともよろしくお願い致します。

[追記および修正]
× 理路的
○ 理論的

△ 計数効率は機器によって異なります
○ 計数効率は対象となる核種や機器などによって異なります

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)