人気10機種の相場 in 2012 新春

2012年01月03日
関連ワード:最新入荷情報
※追記:2013年バージョンはこちらです。
人気10機種の相場 in 2013 新春

用途によって選ぶべき機種は違ってきます。ですから、ここにリストアップした機種はあくまでも目安と考えて下さい。ただ、適当に選んだ割にはうまい具合にタイプがわかれていますから、放射線測定器についてまったくわからない、これから勉強していこうという方であれば、これらの中から選んで間違いないとも思います。初心者がいきなりマニアックな機種やハイスペックすぎるものを選ぶのもどうかと。

「相場はこれくらいなんだ。だったらこのショップのこの価格は高くはないな」あるいは「これらとは違うけど、同じくらいのスペックでこれくらいの値段なら、まあこれもこんなもんかな」そんな感じで見てもらえればいいかと思います。本音を言えば、スペックと価格なんて関係ないと思うんですけどね(^^;)

まあ、あれこれ悩むのも結構ですが、いまや1万円台でも選択の幅は随分あります。ですから、まず買ってみて下さい。まず測ってみて下さい。実際に測ってみないとわからないこと、測って初めてわかることもたくさんありますよ(^^)

では、前置きが長くなりましたが、相場を見ていきましょう。

エアカウンター / 相場:8,500円

昨年秋にエステーがリリースしたシリコン半導体式の放射線測定器です。空間線量率の測定に適した初心者でも扱いやすい機種です。定価は9,800円なのですが、現在では8,000円台で売られているのもよく目にします。値下がりしている最大の要因は「エアカウンターS」の発売が2月に控えているからでしょう。

「エアカウンター」を買いたいなら、私ならもう少し待ちます。そして「エアカウンターS」が7,900円で発売され、「エアカウンター」がそれ以下の価格になってくれたら…ですね。いまこの段階で「エアカウンター」を買うメリットはあまりないような気もします。ただ、そもそも現状の日本において「エアカウンター」「エアカウンターS」自体がどうなのかと…。まあ、とにかく安く、とりあえず何でもいいから、ということであれば候補に入れてみて下さい。

「エアカウンター」一覧(楽天市場)
「エアカウンター」一覧(Amazon)

SOEKS 01M / 相場:13,000円

ロシアのSOEKS社のガイガーカウンターです。バージョンアップを繰り返し、現在の最新バージョンは1.CLです。おそらく普通に売られているものはだいたいが1.CLだと思います。以下、RADEX、TERRA、Inspectorにも同様のことが言えますが、空間線量以外にも地表などの表面汚染を検出するのにも適しています。

Amazonでも楽天市場でもだいたい13,000円ほどですね。この商品も送料を含めたら12,000円ですし。ちなみに、日本語バージョンもあるのですが、こちらは少しお高めです。3万円くらい? そこまで出して日本語にする必要性は個人的には感じません。

「SOEKS 01M」一覧(楽天市場)
「SOEKS 01M」一覧(Amazon)

RADEX RD1503 / 相場:13,000円

ロシア・Quarta-Rad社のガイガーカウンターです。ソフトバンクの孫正義氏が使っているということでも注目を集めましたねw とてもコンパクトで扱いやすく、エントリーモデルとして3.11直後から人気でした。

楽天市場よりもAmazonのほうが微妙に安いですね。送料込でも13,000円以下です。一応、当機の正規代理店・スターシステムズは送料込で11,800円という価格をつけています。このあたりが基準となって、これからの相場も動いていきそうです。

RADEXシリーズ一覧(楽天市場)
RADEXシリーズ一覧(Amazon)

RADEX RD1008 / 相場:60,000円

ロシア・Quarta-Rad社のガイガーカウンターです。円柱状ではなく丸い形のいわゆる”パンケーキ型”のGM管を2個搭載していて、β線をベータ粒子束密度という単位で測定できます。

昨年秋ごろからにわかに人気が出だしました。正規代理店のスターシステムズは57,800円という価格をつけていますが、相場はおおよそ60,000円前後といった感じでしょうか。ボディカラーが白いバージョンもあります。もちろん中身は同じです。

RADEXシリーズ一覧(楽天市場)
RADEXシリーズ一覧(Amazon)

TERRA-P+ MKS-05 / 相場:37,000円

ウクライナ・Sparing-Vist Center社(ブランド名:ECOTEST)のガイガーカウンターです。通称「黄テラ+」。ベータ粒子束密度という単位で測定できます。

大まかな相場は37,000円ほどなのですが、正直、この価格で購入することはお勧めしません。というのも、この価格なら上位機種「TERRA MKS-05」(黒テラ)が買えるからです。そして、ドスパラの29,780円が圧倒的に安いからです。

もし買うならドスパラ。だけど、この価格差なので、できれば黒テラ。これが現状ではベストではないでしょうか。

※ドスパラでの扱いは終了しました。2013年3月現在、コスパ的には「TERRA-P」のほうがいいかもしれませんね。

TERRAシリーズ一覧(楽天市場)
TERRAシリーズ一覧(Amazon)

TERRA MKS-05 / 相場:38,000円

「TERRA-P+ MKS-05」との違いは誤差。ザックリ言えば、黄テラ+より若干”精度”がいいよってことです。ただ、実用上は気にするほどのことはありません。

なぜか黄テラ+の相場ほどに価格が下がっています。そして、なぜか楽天市場よりAmazonのほうが断然安いです。

勝手に2011年の”放射線測定器 オブ・ザ・イヤー”に認定させてもらいました。初心者から中級者まで幅広い層に愛用されている人気機種です。

ちなみにBluetoothでPCと接続可能な「TERRA with Bluetooth Channel MKS-05」、通称”青歯テラ”は5万円台半ばが相場です。黒テラの相場に比して、少し割高感がありますね。今なら黒テラ、4万円台になれば青歯テラも視野に入れる。というのが個人的な感想です。

TERRAシリーズ一覧(楽天市場)
TERRAシリーズ一覧(Amazon)

Inspector / 相場:90,000円

Inspectorはメーカーがふたつあると思って下さい。「Inspector PLUS」のS.E. International社、「Inspector Alert」のInternational Medcom社です。両機は名前、メーカーが違うだけで中身は同じです。パンケーキ型マイカ窓付GM管を搭載し、α線、β線も測定できます。というより、α線、β線の測定に向いている機種だと言えます。

楽天市場よりもAmazonのほうが断然安いです。相場はまだ9万円前後なのですが、7万円台というのも目にするようになりました。随分と下がりましたね。

結局、なんだかんだ言って、Inspectorなんですよねぇ。ガイガーカウンターで測りだせばわかります。誰もが一度は使ってみたいと思うはずです。

「Inspector」一覧(楽天市場)
「Inspector」一覧(Amazon)

PA-1000 Radi・A2700 Mr.Gamma / 相場:120,000円

堀場製作所の「PA-1000 Radi / PA-1100 Radi」、クリアパルスの「A2700 Mr.Gamma」。相場もなにもありゃしない2機種ですw 前者は10~14万円、後者は13万円ほどで一切変動はありません。今後もよっぽどのことがない限り、この相場に変わりはないでしょう。

その”よっぽど”ですが、堀場においては「PA-1100 Radi」のリリースであり、クリアパルスにおいては、何やら怪しげな動きがいろいろあるので、想像が膨らみますw

とりあえず、空間線量の測定に適したシンチレーション式の両機。簡単に扱えますから、初心者の方に人気です。

DoseRAE 2 PRM-1200 / 相場:34,000円

アメリカ・RAE SYSTEMSの「DoseRAE 2 PRM-1200」。とてもコンパクトで携帯性にすぐれた、ふたつの検出器(シンチレーター&半導体)を搭載した個人線量計です。ある意味で、2011年の主役は「DoseRAE 2」だったと言えなくもありませんねw

実は、長らく「DoseRAE 2」をわざと取り上げていませんでした。3万円を割ったら紹介しようと機会をうかがっていたんです。でも、どうやら3万円を割る気配はありません。相場は昨年夏、秋あたりからずっと約34,000円のまま。

つまり、この価格帯のモデルにしては少々割高感があると言いますか…。もし空間線量を測定したいということなら、エアカウンターで十分ですし、ガイガーカウンターがよければ同じくらいの値段でTERRAも買えます。あえてこの価格で「DoseRAE 2」を選ぶ理由が私には見あたりません。もちろん、個人線量計として使いたいということであれば、これを置いて他にないというくらいのチョイスだとは思いますが。

「DoseRAE 2」一覧(楽天市場)
「DoseRAE 2」一覧(Amazon)


各ショップの営業が本格的に開始するのが明日、明後日あたりからでしょうか。さて、2012年開始時にはこのようだった相場がどのように推移していくのか。とても楽しみです。
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)