2011/12/21

アロカとRIEが据置型放射線測定器を開発・販売でセーラーも発売

関連ワード:ニュース , 日立アロカメディカル ,
gc_174.jpg (株)アール・アイ・イーと日立アロカメディカル(株)が無線式据置型ガンマ線測定装置「RIE エリアモニター MFDM-101」を共同開発し、販売を開始したようです。ついでにセーラー万年筆もいっちょかみw 同機の販売を請け負っています。ですから、メーカーは日立アロカメディカルとRIE、販売元がRIE、販売取次店としてセーラー万年筆。こんな関係でしょう。

計測装置は全天候型の防水・防塵BOXに入っていて、屋外設置も可能。内蔵バッテリーだけで24時間、約400日の連続使用ができます。測定結果(線量率)はワイヤレスでPC受信できます(USB経由)。

以下、スペックです。

検出器:PN接合型シリコン半導体
測定線種:γ線、X線
測定エネルギー範囲:約60keV~
エネルギー依存性:±50%以内(60keV~1.25MeV 137Cs基準)
線量率直線性:1.0μSv/h~200mSv/h ±20%
表示範囲:0.1μSv/h~999mSv/h
データ送信間隔:約20秒
データ送信距離:見通し距離 約30m~50m
温度環境:-10℃~+45℃
適用湿度環境:90%以下(但し結露なき事)
内蔵電池:約10,000時間(温度20℃にて、線量率にて変動)
防水:IP65(防水規格に準拠)
外形寸法:176×266×100mm
重量:約1.0kg
品質保証:1年間(アール・アイ・イー)
機器校正:日立アロカメディカル(1年ごとの再校正推奨)

オープン価格ですが、約40万円だそうです。

[ソース]
(株)アール・アイ・イー(RIE)
http://riehm.jp/areamonitor.php
セーラー万年筆株式会社
http://www.sailor.co.jp//pdf/release/housyasenkeisoku_20111221.pdf
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+