続々出品されるマニアックな機種に心躍る

2011年12月16日
関連ワード:最新入荷情報
イーデンキがすごい気合いを見せてます。なんですかこれ。現在、マニアックな機種を続々と出品中です。いやあ、素敵なラインアップだw

まず「DKG-07D」。なかなかマニアックな機種なのですが、注目はもちろんこの価格。安いw 線量率と誤差を同時に表示してくれます。Beta-2Mという丸い形のGM管を使っているのも特徴です。そしてさらに、不感時間を調整できます! また、cpsからSvへの換算係数もいじれます! マニアックですw

そして次は「ALPHA iX3000」(G + FSZ)のセットです。液体(β、γ)と表面(α、β)はこれでバッチリ。あと足りないのは普通の空間線量w ガイガーやシンチをすでに持っている。あと1台なににしようか。「Inspector」や「RADEX RD 1008」じゃありふれてるしな。そんな方は候補リストに加えてあげて下さい。


極めつけは”ポカウ3兄弟”と勝手に呼んでいる「SM 3 D」「SM 5 D」「SM 7 D」。三男「SM 3 D」は甘やかされて育ったせいかボンクラです。普通にγ線が測れるだけ。しかし、長男、次男ががんばります。両者ともα線、β線、γ線を測定でき、長男「SM 7 D」はcps表示のみという潔さ!(タイマー / Impulseあり) 次男「SM 5 D」は器用でSv、Bq/cm^2表示可能。少し深く見てみようかとも思ったのですが、「SM 7 D」のマニュアルなんて、ほとんど内容ありませんw だって、cpsとタイマーだけですからねw すごい。

なお、「SM 7 D」はPC接続可能です。専用ソフト付属モデルはこちら(SM7D + データ解析ソフト)。

もともと変わった品ぞろえだということは先日の記事でも紹介していて、十条電子の「J-RAY」をいち早く取り扱うようになったのも、そのいい例。

と当記事を書いている最中にも「DX-1」を出してきました。次はいったい何を…と期待も高まります。イーデンキの出品から目が離せませんw
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)