東芝がホットスポットを可視化するガンマカメラを開発しました

2011年12月13日
関連ワード:ニュース , ガンマカメラ ,
温度差をカラフルに表示する”サーモカメラ”のように、放射線量を可視化して表示できる放射線測定器と言いますか。百聞は一見にしかず。こんな感じです。

gc_168.jpg gc_169.jpg gc_170.jpg

こうしたガンマカメラは以前からあったんでしょうけど、小型・軽量化に成功して(といっても9.8kg)、もう少し広く利用してもらいたいってことなんでしょう。

スマートフォンなんかでこれできればいいのに、なんて考えてしまうのは素人の浅知恵w 東芝の技術をもってしてもこれですから、一般人が手軽に利用できるほどにまでダウンサイジングするのは難しいでしょうね。

そんなわけで一般利用ではないですが、一応”放射線測定器”ではあるので紹介してみました。いくらくらいなんでしょうねぇ。100万円くらい? もっとするかw

放射線ホットスポットを可視化するポータブルガンマカメラ装置の開発について
2011年12月13日

当社は、放射線量を色の変化で表示できる、持ち運び可能なポータブルガンマカメラ装置を開発しました。12月中に福島市と共同で実証実験を行うとともに、2012年初頭から中央官庁や地方自治体などに提案活動を開始します。

新装置は、放射線センサで測定したガンマ線とビデオカメラで撮影した映像を信号処理装置で重ね合わせることにより、放射線の量を色の違いで表示する装置です。放射線量が高い場所を赤く、低くなるにつれ黄色、緑、青と色を変えて表示し、目に見えない放射線を色で識別する事が出来ます。

放射線量は地域において均一ではなく、局地的に放射線量が高い「ホットスポット」が存在します。従来、道路や公園、家屋などの放射線量は放射線測定器で計測していますが、「ホットスポット」を特定するには時間がかかりました。それに対して新装置では、放射線量の高低を画面上に色の変化で示すと同時に、短時間で広範囲を計測することができるので「ホットスポット」の特定が容易になり、除染作業の効率化が図れます。また、除染後にも撮影することで、放射線量が低下した事を確認出来ます。さらに、9.8kgと小型軽量で持ち運びが可能なため、屋内外を問わずさまざまな場所で利用できます。

新装置は、福島第一原子力発電所の建屋内の調査のために使用した当社製のガンマカメラの性能を向上させ小型化しています。当社独自の半導体検出素子の実装技術や信号処理・データ処理技術により感度・測定性能を約30倍以上注1高めました。これにより、0.1μSv/h(1mSv/年)という、低い線量率における「ホットスポット」を特定する事が出来、発電所のみならず、発電所の外でも測定が可能となります。さらに、新装置は、周囲からの放射線を遮蔽しながら放射線映像を取得するための遮蔽体設計の最適化や電子回路のコンパクト化により、約50%(注1)の軽量化を実現しました。

当社は、今後も最先端の技術開発を進め、被災地の復興や社会に貢献できるよう努めてまいります。

注1: 福島第一原子力発電所の建屋内で使用した当社従来機種との比較。

[ソース]東芝:プレスリリース

※追記:こんな記事もありました。

中央官庁や地方自治体向けに同社が1日当たり50万円で測定を代行する。福島第1原発の事故で、測定ニーズが高まるなか、需要が見込めると判断した。

[ソース]Sankei.Biz:東芝がポータブル放射線測定装置を開発 1日50万円で測定代行も

いやいやいやw 1日50万円ってw まあ、それくらいこの機器が高いってことなんでしょうけど…。あえて言いませんでしたが、この値段を聞くと言っちゃいますか。

東芝さん、いい商売してまんなぁ。 
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)