2011/12/07

ちゃんとボタンが「cps」になっている「GAMMA-SCOUT」が6万円

「GAMMA-SCOUT」です。63,000円というのは日本においてはそこそこいい感じの値段ですね。

それよりなにより注目すべきはこの写真。よく見ますと、真ん中のボタンが「cps」です。まごうことなきリニューアル後の最新バージョンですねw ちなみに以前は「Bq」と間違った表記のボタンがついていました(もちろんBq測定できません)。

さて、現在の「GAMMA-SCOUT」は4タイプに分かれています。

GAMMA-SCOUT BASIC VERSION
GAMMA-SCOUT w/ALERT
GAMMA-SCOUT RECHARGEABLE
GAMMA-SCOUT ONLINE/REAL TIME

当商品は二番目の「GAMMA-SCOUT w/ALERT」です。詳細は公式サイトをご覧頂くとして、ベーシックモデルとの違いは「音」ですね。アラームがあり、ティッカー(検出音)があると。ただ、バッテリーをセーブするため、このティッカーは電源を入れて10分後にはシャットダウンします。引き続きティッカーを利用したいなら、再び電源を入れなければいけません。

私の記憶(認識)が確かなら、3.11以前、一般ユースの外国製放射線測定器の中で「Inspector」と並び一番有名だった機種じゃないでしょうか。ですが、3.11直後は生産が追い付かず、その間に中国製やロシア製がどっと入ってきて、いつの間にやら「GAMMA-SCOUT」は”二番手”的存在になってしまいました。

こうして価格も落ち着いてきましたしね。とてもいい機種だと思うんですけど。

「GAMMA-SCOUT」一覧(楽天市場)
「GAMMA-SCOUT」一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+