NT6102

2011年04月05日
関連ワード:中国
NT6102_001.jpg
製品仕様
メーカー 上海明核仪器有限公司[公式サイト]
検出器 GM管
測定可能放射線 γ線、X線
線量率範囲 0.01μSv/h~50mSv/h
積算線量範囲 0.00μSv-9999Sv
アラーム機能 0.5μSv/h~5mSv/h
100uSv~100mSv
※いずれも調整可能
計測時間 -
エネルギー感度 40Kev~3.0Mev
バッテリー CR123A充電池(充電器付)
使用環境 -
寸法(mm) 100×60×26mm
重量 約90g(電池除く)
【黒】
備考・その他 個人線量計だと思われますがよくわかりません。

2011.08.10追記:「NT6102+」という”進化版”と称する機種が登場しました。従来のNT6102との違いではっきりしていることは、NT6102が充電式なのに対して、このNT6102+は単4電池(本数不明)で動くということ。これ以外には差がわからないどころか、NT6102+のスペックは一切不明です。

個人的にはNT6102との比較より、BS3000、NT6200、RAD-30といった機種との関連性を追ってみたい気がします。見た目が基本的に”同じ”なんですよねぇ。
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

前後の記事

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)