十条電子が放射線測定器をリリースとのニュースですがまだ詳細不明

2011年12月06日
関連ワード:ニュース
十条電子が放射線測定器をリリースするようなのですが、正直、まだまだよくわかりません。

埼玉の十条電子、低価格の放射線測定器 企業・自治体向け

電子機器製造の十条電子(埼玉県川口市、竹林春海社長)は低価格の放射線量測定器を開発した。価格は4万7500円。家庭向けの簡易測定器よりも数倍~数十倍高い、0.01マイクロシーベルト単位で測定できることが特徴という。除染作業や製品の放射能検査などへの使用を想定しており、9日から企業や自治体向けに売り出す。

商品名は「J―Ray」。1秒ごとに測定値が更新されるほか、セシウムやキセノン、ウランといった放射性物質に反応する。重量は約80グラム。

企業向けの放射線測定器は通常10~20万円で流通しているが、海外からの部品調達などで価格を抑えたという。組み立てや検査は国内で手掛けた。

国内では局地的に放射線量が高いホットスポットの問題など、自治体や企業での計測ニーズは高い。測定結果は本体のメモリーに記録され、USBポートからパソコンに接続すれば容易にデータを保存・管理できるという。一定の放射線量を計測すると警報を鳴らす機能を付け、除染作業時の安全確認もできる。今後1年間で2万台の販売を目指す。

[ソース]日本経済新聞
http://www.nikkei.com/tech/news/article/g=96958A9C93819490E2E7E2E5E28DE...

最初に、日経新聞の記事内容に対してはツッコんではいけません!w この方たちの放射線(測定器)に関する記事のメチャクチャっぷりは、これまでさんざん目にしてきましたから、これは記事ではなく一種の”芸”と読むべきでしょう。出川哲郎に「ほんとは熱くないんでしょ?」なんて言うのは野暮です。それと同じことです。

で、十条電子の公式サイトを見てみましたが、まだ詳細な情報は出ていません。

[参考サイト]十条電子:専門家向け放射線測定器 J-RAY

HTMLのタイトル、つまりブラウザ上部の表示を見ますと「PCへのデータ収集可の測定器 日本製」とありますから、PCへデータ転送できる放射線測定器であることは間違いなさそうで、”日本製”という部分は保留かなw

というわけで、十条電子の今後の発表を楽しみに待つことにしてみます。取り急ぎご報告まで。

※追記:詳細が明らかとなりました。こちらをご参照下さい→ 「J-RAY」
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)