ALPHAiX 3000

2011年12月02日
関連ワード:ドイツ , サーベイメーター ,
alphaix3000_001.jpg
製品仕様
メーカー INNOVA[公式(ドイツ語)][公式(英語)]
検出器 A、G:end-window counter with glimmer
B、FSZ:steel liquid-flow counter
※備考欄参照
測定可能放射線 A、G:α線、β線、γ線
B、FSZ:β線、γ線
D:γ線
線量率範囲 A、G:0.0001~100mR/h
B、FSZ:0.001~100mR/h
※備考欄参照
積算線量範囲 -
アラーム機能 あり
計測時間 -
エネルギー感度 A、G:α 1.9MeV~ / β 0.09MeV~ γ 0.01MeV~
B、FSZ:β 0.20MeV~ / γ 0.02MeV~
バッテリー 9V乾電池
使用環境 -10℃~+50℃
寸法(mm) 120×60×30mm
重量 145g(電池含む/本体のみ)
【黒】
備考・その他 スペックはプローブに依存します。プローブは5種類あります(それぞれで売られています。セットになっているわけではありません。もちろん、ショップが独自にセットで売っている場合もありますが)。

alphaix3000_002.jpg ・counter tube type A
・counter tube type G
・counter tube type B
・counter tube type FSZ
・counter tube type D

ザックリ言うと、スペック的にG > A、FSZ > B。A、Gは普通のプローブ、B、FSZは水・食品用のプローブです。Dは特注と言いますか、「言ってくれりゃ作るよ。ワイヤーの長さも自由自在に」てな感じです。なお、B、FSZの「steel liquid-flow counter」がちょっとよくわかりません。棒状の金属が出ていて、それで検出するようなんですが…。勉強します。

測定モードは3種。
・Impulses per measurement sequence
・Impulses per minute (arithmetic average)
・μSv/h
「Impulses」は「counts」と読み替えていいと思います。つまり、カウントモード、cpmモード、線量率モードですね。ただ、Gでの線量率測定は推奨されていません。線量率ですが、スペック表ではRですが、説明書を読むとSvになっています。切り替えられるのか、あるいはどちらだけなのか…。おそらくSvだと思うのですが、気になる方はメーカーにお問い合わせ下さい。

余談ですが(こんなとこに書くのもなんですがw)、これくらいの問い合わせなら適当な英語でもぜんぜん通じますし、すぐ答えも返ってきます(私の経験上)。「measurement unit is μSv/h or mR/h?」でOKですw 疑問文だからisを前に? which ? なんでも構いませんw そんな細かいことは気にせず、気軽にメーカーに問い合わせて下さい。技術的なこと、とても専門的なことは別ですよ。

説明書では非常に細かく各プローブの性能、使用方法、換算式(Impulses→核種ごとのベクレルも)が説明されています。詳しくはそちらをご覧下さい。
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)