2種類のLND7317 ~マイカなの? マイラーなの? なんなのっ!

2011年11月30日
関連ワード:コラム , Inspector , パンケーキ ,
深夜にこんな写真が一番よくないw

gc_146.jpg

丸い形のGM管を通称で”パンケーキ”と呼ぶわけですが、この言葉を見聞きするにつけ、なるほどアメリカらしいなと感じてます(こう呼び始めたのがアメリカかどうか知りませんけどw)。

マッドな太ったエンジニアかなんかが、パンケーキ片手にムシャムシャしながらGM管を開発してます。そして、丸い形のGM管を発明し、「わお!まるでパンケーキだ!w」なんて言ったもんだから、それ以来、丸いGM管がパンケーキなんて呼ばれるようになりました(いや、知りませんよ!)。

もし彼がビッグマックを食べていたら、今ごろ「ビッグマック型GM管」なんて言われていたかもしれません。そう考えると、”パンケーキ”という日本人にとってはどちらかというとファンシーな言葉の響きを持ったものに例えられたということは幸いではないかと。

「なにをしょーもないことを」

いえいえ。筒状のGM管が「HotDog(ホットドッグ)」と呼ばれているという事実を見れば、これが単なる冗談ではないというのもおわかり頂けるでしょう。”パンケーキ”となったのは紙一重だったんですよ!w

しっかし、食べ物を犬にたとえるアメリカ人のセンスってのが、まあすごいっちゃあすごいと変な感心もさせられたりされなかったり。

さて、パンケーキです。本題です。こんな動画を見つけました。非常に面白い動画です。注目点は2つ。



まず、2分15秒あたりから2分20秒あたりをよーくご覧下さい。まばたきせずに見て下さい。光の具合で、一瞬、マイカの表面にシワが入っているのが見えます。マイカ”窓”なんて言いますが、ガラスのような窓ではなく、どちらかというと膜、フィルムのようなものだというのがよくわかりますね。

次に、これが今回のテーマなんですが(細かいどうでもいいテーマですがw)、この動画に登場しているのはLND社のLND7317というGM管です。「Inspector PLUS」にも使われているから有名ですね。

[参照サイト]LND:LND7317

ただ、お気づきの方はもうおわかりでしょうが、私たちがよく見るLND7317とは少し違います。ふたつを並べてみましょか。

gc_147.jpg gc_148.jpg

見た目がぜんぜん違います。動画の方は”マイカ”が透明です。一方、「Inspector PLUS」でよく見かけ、LND社のサイト上でも見られる”マイカ”はグレーです。これは想像ですが、最初は透明だったんでしょうね。で、現在ではグレーになっていると。

さて、このグレーの膜ですが、本当にマイカでしょうかね。Mylar(マイラー)あるいはその類のフィルムかも??

最近はマイカに代わってマイラー(商標名)などの樹脂フィルムも使われているようだ。

[ソース]Y村M樹-非系列HP:放射線検知/測定装置に関するランダム・メモ

LND7317のこの表面を「マイラーフィルム」と呼ぶ方もいますが、正確に言うと「Mylar」は帝人デュポンフィルムの商標。そして、こうしたPETフィルムを総称して「マイラーフィルム」と呼ぶことも多いようです。ウオークマンやサランラップ、セロテープ、ナイロンと同じですね(ナイロンもデュポン!)。

[参照サイト]Teijin DuPont Films:Mylar®

さすがに大口径+マイラーフィルムはメタル外装管とは次元が異なる印象です

[ソース]CT5002 dellbee's blog:LND7317 GM tube Pancake style

Mylar is often used to generically refer to polyester film or plastic sheet. However, it is a registered trademark owned by Dupont Tejjin Films for a specific family of plastic sheet products made from the resin Polyethylene Terephthalate (PET). The true generic term for this material is Polyester Film or Plastic Sheet.

[ソース]Grafix Plastics:What is Mylar?

で、このグレーの膜がマイカなのか、”マイラーフィルム”なのか、マイカを原材料としたフィルムなのか、あるいはその他なのかはよくわかりませんが、いずせにせよ、透明の”マイカ”(そもそもこれもマイカなのか!?)よりもいい素材が開発され、最近ではこうしたものが使われているということでしょう(マイラーフィルムには透明のものも黒いものグレーのものもいろいろあります)。

gc_149.jpg ちなみにこちらはCANBERRA社のパンケーキです。やはり透明じゃありませんね。黒いフィルムです。というか、透明の”マイカ”って最近ではロシア製にしかなかったり?? ロシア製で色つきの”マイカ”って見たことありませんからねぇ。

なお、この”マイラーフィルム”はGM管だけではなくシンチレーターにも使われています。α線、β線にも対応しているシンチは遮光しなきゃいけないわ、α線も通さなきゃいけないわですから、そうした場合に”マイラーフィルム”が使われます。もちろん、この場合の”マイラー”は俗称(総称)としての”マイラー”です。

さて、どう締めくくりましょうかね。このとりとめのない記事をwww

The housing is covered by a Mylar window so thin that it is specified in terms of milligrams of weight per square cm. It is coated with aquadag (colloidal graphite) to exclude light and make it conductive.

The Mylar is so fragile that looking at it crooked can make it pop. it makes a sickening characteristic sound that every health-physics tech knows only too well. About $100 for that jewel.

[ソース]Neon John's Home on the Web:Nuke Stuff
「アキレス腱が切れた時、ブチっと音がした」

野球選手のこんなセリフを思い出します。取り扱いにはご注意を。ダメ? こんな結論じゃ?w

「Inspector」一覧(楽天市場)
「Inspector」一覧(Amazon)

いやあ、「ホットドッグ」を調べてみたら、何気に奥が深いんですね。名前の由来。これ読むとむしろ、普通にあの形状を犬に例えていたとしたら、かわいいほうだw

[参照サイト]Wikipedia:ホットドッグ
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

281. 2011.12.02
透明な窓のものと不透明なものがありますが、多くの場合膜の内面に導電性の処理がしてあり、それは真空蒸着であったり、メッキであったり、塗装であったりします。役目は遮光、静電シールド、電極活性化だったりします。同じ品種であってもロットによって処理方法が違っていたりしますが、導電性処理があるものの方が、動作が安定しているようです。マイラーは人工素材なので品質が安定し入手しやすいですが、熱に弱いです。マイカは良質なものの確保が困難で、天然に存在している状態では、この部分にラドンやラジウムなどのウラニウム崩壊物を含むため、アニール(熱処理)や化学処理を必要とします。
いずれのものも、評価は単位面積当たりの質量(=厚さ)で行いますが、β線向けのものはやや厚く、α線向けのものは極薄です。

要は間違っても触れてはいけないと・・・
282. 2011.12.02
コメントありがとうございます。

マイラーは熱に弱いんですか。逆にマイカは寒さというか乾燥?に弱いと聞きますし、なかなかうまいこといかないもんですね(^^;

パンケーキ with マイカを現在でも作っているメーカーは少ないと思うのですが(確かアメリカでは3社??)、最近ではマイカじゃなくフィルム(マイラー含む)を使うのが主流、みたいな傾向ってあるのでしょうか。どうもロシア製はまだマイカが多いような感じもするのですが…。いかんせん、情報がなかなか…。”部品メーカー”ですから、HPのあるメーカーも少なくて(特にロシア)。
283. 2011.12.03
SBM-20の製造メーカーのVNIITFAはサランスクに所在し、立派なオンラインカタログもあり、一見フレンドリーなのですが・・・。原子力関連企業はどこも準軍需企業のようで、愛想悪いです。
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=ru&u=http://www.vniitfa.ru/&ei=S0OTTtCUGuGciAf7koWVDg&sa=X&oi=translate&ct=result&resnum=2&ved=0CCcQ7gEwAQ&prev=/search%3Fq%3Dvniitfa%26hl%3Dja%26client%3Dfirefox-a%26sa%3DX%26rls%3Dorg.mozilla:ja:official%26channel%3Dnp%26tbas%3D0%26biw%3D986%26bih%3D619%26prmd%3Dimvns

の、生産→ディレクトリNIITFA で、オンラインカタログ
284. 2011.12.03
ありがとうございます!ずっと知りたかった情報でした(^^
カタログ見てみたんですが、衝撃的でした。

DP-5VのGM管はこれなのかとか、四角いGM管とか(中どうなってんだ!?)、興味が尽きません。あと、たまに見かけるGM管の裏に10個ほどの突起(ナンバーが付されていることも)がついていて、これはなんだろうとか…。

少しじっくりと見てみます。

あのカタログ、サイズが載ってればいいんだけどなぁ…。
285. 2011.12.05
サイズ載ってましたね(^^;

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)