さすらいのガイガーカウンター

2011年11月28日
関連ワード:コラム
mgc_001.jpg
mgc_002.jpg mgc_003.jpg
こんな機種を見かけたことはないでしょうか。「MGC」とありますが、「MGC1200」とは関係ありません。「MULTI GEIGER COUNTER」の略なんですが、”日本製”のガイガーカウンターだそうで、「MGC-L03」「MGC-L04」という製品名です。これを追ってみるとなかなか面白い。

まず最初に”開発”したと思われるのは株式会社塩見ホールディングス。

株式会社塩見ホールディングス
http://www.shiomihd.com/index.html

[参照サイト]
PR:「ポータブル放射線測定器」を自社開発
参考資料:放射線測定マルチガイガーカウンター

10月に上場廃止となったそうですが。

東京都千代田区鍛治町1-6-1 日東合同ビル3F

なんて住所も見かけますが、たぶん広島の会社ですかね。

次に同機を見かけたのは、こちらは目にしたことのある方も多いかもしれませんが、合同会社ガイガージャパンです。

合同会社ガイガージャパン
http://neo-geiger.net/

住所は

東京都港区六本木4-8-7

こちらのバーチャルオフィスでしょうねぇ。

[参照サイト]クロスコープ六本木

この会社、元はこちらにありました。

東京都渋谷区恵比寿4-10-13
http://geiger-japan.com/

そして、こんな会社でも販売するように。なんか手広くいろいろやってる会社みたいですね。

地域振興支援機構株式会社
http://www.chiikishinko.net/geiger.html

最近になって、こんな会社も取り扱うようになりました。

株式会社PREMIUM LOGIC(プレミアムロジック)
http://www.premium-logic.com/
※上記サイトには「株式会社PREMIUM LOGIC」ともありますし、「プレミアムロジック株式会社」ともあります。どっちなんでしょうねw

住所は

東京都中央区銀座6-6-1 風月堂ビル5F

これもバーチャルオフィスです。

[参照サイト]銀座ビジネスセンター

なんてことを調べていたら、投資事業組合ガイガーワン、セントラルリソーシス株式会社、リバーキャッスル(ガールズバー「ベルスーガ」)などなど、興味深い会社が芋づる式に引っかかりまして、はてさて、どうなってんだろうと。で、こんな記事を書いていたら、プレミアムロジックのHPがつながらなくなりまして、なんだかよくわからない状況とあいなっとります。

※追記:つながるようになりました。

だからなんだというわけでもありませんが、このような機種が放浪してて、今後もいろんなところからリリースされるかも?というお話でした。

そうそう、なぜこんなネタを取り上げたかと言うと、ODS時計工具店というショップがこんな商品を出品していて、おそらくは説明文か商品自体に間違いがあると思うのですが(写真は「DP802i Ver.5」なので)、「プレミアムロジック社ってなんだ?」と思って調べ始めたという次第です。

商品説明としては誤りかもしれませんが、「ドイツ製GM管」という部分が気になりますね。「MGC-L03」は端窓式のGM管で、α線、β線、γ線、X線を検出・測定可能とのことなんですが、ドイツ製のGM管なんでしょうかね。

※追記:とりあえず商品紹介は修正されたようです。
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)