2011/11/22

堀場製作所=Radiがコケにされてる件 ~電気新聞の正体

関連ワード:ニュース , はかるくん , 入札 ,
※「電気新聞の正体」みたいなタイトルの方が適切だったかもしれません(^^;) というわけで、タイトルを修正しました

福島県に誤差大きい測定器 国が落札・提供

福島県への提供を目的に国が実施したサーベイメーターの入札で、誤差の大きい測定器4400台が落札されていたことが21日、明らかになった。落札した測定器はエネルギー補償の機能がないため、セシウム以外の自然界にある放射性物質の放射線を、倍以上高く計測してしまう可能性がある。正確に測れないことで過剰な除染につながる恐れや公式な測定結果に不信を招く懸念もあり、適切な使用方法の周知が喫緊の課題となっている。

測定器の入札は文部科学省により10月14日に行われた。入札は最低価格落札方式で、応札した2社の製品のうち、1台当たり1万円ほど安く提案した堀場製作所の測定器が落札した。この製品は10月中に500台が福島県に提供されており、残りは1月10日までに納入される予定だ。

測定器は放射性物質から出るガンマ線を計測するが、放射性物質によってエネルギーの強さが異なるため、違いが分からないと正確に計測できない。識別するにはエネルギー補償という機能が必要だが、今回落札した測定器は、弱いガンマ線をさえぎることでエネルギー補正を行う簡易型だった。 (本紙1面より抜粋)

[ソース]電気新聞
http://www.shimbun.denki.or.jp/news/main/20111122_01.html

このウェブ版の記事は「抜粋」なので気をつけて読まなければいけません。また、以下の内容には私の憶測も多分に含まれていることをご了承ください。

堀場製作所 環境放射線モニター(シンチレーション式) PA1000

で、「PA-1000 Radi」のことでしょう。おそらく。エネルギー補償がない、堀場製作所製の放射線測定器といえば、それ以外にありません。

「PA-1000 Radi」一覧(楽天市場)
「PA-1000 Radi」一覧(Amazon)

「明らかになった」とは便利な日本語ですね。誰によって、何によって明らかになったのか…。

そして問題は「誤差」です。「誤差」がいったい何を意味しているのか。JIS的観点からすると、誤差とは(相対)指示誤差のことを指します。ただ、この記事の「誤差」は相対指示誤差ではないでしょう。もし、文科省が相対指示誤差に問題があると公式に発表し、あるいはこのように報道各社が報道するなら、堀場製作所は問題を法廷に移してもおかしくありませんw そうではなく、統計誤差のことをいうのであれば、どう調べたのか、そして実際にどうだったのかをぜひ聞いてみたいですね。

じゃあ、ここで問題になっている「誤差」とはなんなんでしょうね。先日の「リアルタイム線量測定システム」でもこの曖昧模糊とした「誤差」が問題になっていましたけど。

そもそも「正確に測る」というのはどういうことなのか。エネルギー補償つきの「A2700 Mr.Gamma」(クリアパルス)やアロカのシンチなら「正確に」測れるのか。いったい、文科省あるいは市民は何がしたいのか。

「A2700 Mr.Gamma」一覧(楽天市場)
「A2700 Mr.Gamma」一覧(Amazon)

3.11以降、耳にタコができるほど、繰り返し、しつこく言われてきていたはずです。

「簡易な測定器の測定値は目安だよ」

「安易に他機種の結果や自治体の発表する数値と比較しちゃいけないよ」

と。

なのに、いつの間にか「正確」なんてものがクローズアップされるようになりました(「正確」ってなんだ?)。変にカッコつきの”知識”を身につけ「これは正確じゃないぞ!」みたいなことを言い始めているんでしょうかね。あるいは「PA-1000 Radi」を地面に近づけて、「3μSv/h! 年間だと1mSv越えるぞ!」みたいに言ってたり?

上述の通り、この記事だけではよくわからない部分もあるのでなんとも言えませんが、どうもスカっとしない記事ですね。別に堀場製作所を擁護したいわけじゃないんだけど、内容自体がどうも…。

この記事を読んで「やっぱりエネ補ないとね」「Radiは御用だから」などとしたり顔で言う前に、まず、誤差とはなにか(ちゃんと説明できますか?)、私たちが放射線を測定する上での基本的なこと、簡易な測定器の特徴・最適な使い方、放射線測定器に表示されているSvとはなんなのかをいま一度、確認しておきたいものです。

[参照サイト]不確かさの入門ガイド
※ぜひぜひぜひぜひぜひ一度、お読み下さい。

[関連過去記事]
精度、誤差、正確さ。この違い、わかります?


あああああああああ!

すみません!

ここまで書いて、改めて調べてみたら…。

電気新聞=日本電気協会=会長:鎌田迪貞(九州電力相談役)というオチwww

壮大に釣られてしまいましたが、逆の意味でいろいろなことを教えてくれる記事ではありますのでw、まあ。

しっかし、役員名簿見たら、それはそれはw

にわかに楽しくなってきた自分がいることを否めませんw

どちらかというと”いま現在は”クリアパルスのほうが電力(原子力)寄り(会社の立ち位置として)。なるほど、堀場製作所に入札で負けたのがクリアパルスだったとしたら…。なるほどなるほど。いろいろな想像が膨らみますが、まさか…w

「過剰な除染につながる恐れ」なんて書き方だったり、エネ補なんてものがでてきたり、なんか変だなぁと思ったらw

で、堀場製作所さん、どうします? こんな報道されちゃってw

冒頭に書いた通り、私の憶測ですから、真に受けないようにお願いします。

<追記>

社団法人日本電気協会(電気新聞の発行元)

会長
鎌田迪貞(九州電力 相談役)

副会長
福田督(中国電力 相談役)
三田敏雄(中部電力 代表取締役会長)
下村節宏(三菱電機 取締役会長)

専務理事
佐野清一(東京電力 理事)

常務理事
仲野真司(住友商事 取締役)

理事
芳賀徹(元日立製作所・現電気新聞部長)

※カッコ内は現職かどうかは不明です。もし誤りがありましたらご指摘下さい。佐野清一氏は現職ではなさそうな気も…

[ソース]社団法人日本電気協会 役員名簿
http://www.denki.or.jp/about/pdf/y-list110801.pdf
関連記事

コメント

非公開コメント

原発事故による放射線がメインの高線量地域では、
Cs137校正しとけばエネルギー補償しなくてもそれなりに近い値になりそうですね

自然放射線メインの低線量地域では別だろうけど

Re: タイトルなし

結局、何をしたいのかですよね。”正確に”ってんなら、何十万円か出せばいいし(それで”正確に”測定できるかどうかはわかりませんが)、そうじゃないならRadiで十分だし。

簡易な測定器で測るコツをちゃんと知りましょうという趣旨ならわかりますが、なぜわざわざRadiを出してきたのか。「明らかになった」のソースはなんなのか。ここら辺がハッキリしない限りは、おかしな意図がこの記事には含まれていると考えざるを得ません(^^;

ツイッターからきました。参考までに、記事全文読めますよ。大事なことは最後のほうに書いてありました。
http://www.shimbun-online.com/viewer/Denki_shimbun0111122.aspx

Re: タイトルなし

コメントおよび情報ありがとうございます。

おっしゃる通り、後半部分は普通にいいことを言ってますねw

入札方法に問題がある。なるほど、その通りです。使い方をわきまえればRadiも十分役に立つ。その通りです。

なのにタイトルは「誤差大きい測定器」。そして「明らかになった」というその根拠がわからない。誰のどんな検査・検証をもって「誤差大きい」ことが「明らかになった」んでしょうかねぇ…。

そもそも、この配られたRadiで除染するかどうかを判断するのでしょうか。配られたRadiはどんな用途で使われようとしているのかもちょっとよくわかりません。おかしな記事ですw

そして、これを知った堀場製作所はどう反応するか…(^^;

・・・

過剰な除染って何事なのでしょうね。除染による効果、その効果の持続について、今のところあまり議論が沸騰していませんが、世田谷の埋まっていたビンを撤去するのと、広範囲に撒き散らされたものに対処する方法と同じレベルで考えているのでは。そもそも除染ということが、まやかしや問題のすり替え(安上がりな損害賠償・・・それすら避けたいという心の現われ)のようにも個人的には思います。

Re: ・・・

電力会社等のホンネが見えるという意味では、とても”いい記事”だ。と考えるようにしました(^^;

さて、エネルギー特性、方向特性、JIS,IAEA準拠、放射線計測協会、などの第3者機関などの校正を富士電機は明確にしていますが、公共入札だと、アルファ通信のように、ド素人が、安価だけのために、それらの法令、工業規格を無視し、アメリカの法令を遵守しているなどの詭弁を言い入札するケースがあります。日本の法律、日本の工業規則を遵守しない企業があるのでしょうか?法律を守らない企業など、ありえません。
堀場に関しては、原子力発電所の厳しい検査と競合したことはありませんが、食品モニタの品質に関しては、疑問を覚えます。アロカも、校正設備の校正を科技省より過去に取り消されていますが、まともな校正など、している企業はないように思います。なにをもって正確かは、わたしには理解できませんなあ。

Re: タイトルなし

まず、文科省の入札方法に問題が大ありですね。どう考えてもおかしい。入札段階でなぜ問題のある企業を排除できないのか。

堀場ですが、個人的に例の汚染検査キット自体は別にいいと思います。堀場も”企業”ですから、売りたいものを売ればいい。ただし、じゃあ売られているものはすべて信頼に足るかというとそうではなく、これは放射線測定器に限らずなんでもそうなんですが、あとは消費者の判断です。ですから、あのキットを買おうがどうしようが、それは消費者の勝手。

ですが、問題があるとするならば、それを公的機関が採用してしまうということです。これはどうかと。いち消費者が自己満足的に使うのと、公的機関(自治体など)が使うのとでは意味合いがまったく異なります。そのあたりを鎌倉市?なんかはどう考えているのか…。

堀場はCS137に対して300%の誤差ですから。
使い物にならないです。
リアルタイム線量計がCs137に20%の誤差なのに
堀場と比較して、文科省、規制庁がおかしいって。
頭おかしいんじゃないの?


rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+