TERRAシリーズが安くなってきています。黄テラ+ 3万円台、青歯テラ 6万円台

2011年11月19日
関連ワード:最新入荷情報
黄テラ+(TERRA-P+ MKS-05)が38,300円で出品されました。

ドスパラの黒テラは相変わらず在庫なしが続いています。まあ、黄テラ+と黒テラの差は実用上、気にならない程度ですから、どちらにするかは値段で決めていいんじゃないでしょうか。

両者の差は誤差にあったりするのですが、そもそもこの誤差(相対指示誤差)は校正・テスト段階における誤差。ビシっと一定の線量を人工的に照射して、基準器との誤差が15%だ25%だと言っているのですが、実測においては当然、そんな”優等生”な放射線はないわけでして。ですから、スペック表上は誤差15%となっていても、普段の測定ではそれ以上の”誤差”(カッコつきの誤差)を生じている可能性が大いにあります。ですから、誤差の%なんてのは目安でしかなくて、しかも黒テラと黄テラ+では10ポイントしか差がありません。

これでもまだ「黒テラがいい」ということであればどうぞw ちなみに、青歯テラ(TERRA with Bluetooth Channel MKS-05)がちょっと安くなっていたので、ついでに紹介しておきます。商品名に「TERRA-P」とありますが、説明を読むと青歯なので、価格からしても「TERRA-P」が間違いでしょう。

TERRAシリーズ一覧(楽天市場)
TERRAシリーズ一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)