青歯テラと1008が少しずつ安くなってきました

2011年11月17日
関連ワード:最新入荷情報
「TERRA with Bluetooth Channel MKS-05」、通称”青歯テラ”が6万円台です。これに限らず、6万円台が結構出てきましたね。

普通の黒テラが値をグッと下げましたから、釣られてこちらも下がりはじめたのでしょうかね。

誤差表示や放射線強度を表すゲージがついているという点で、測定の楽しさを増してくれます。もちろんPC接続できますから、測定値を記録していきたいという方にもいいですね。
TERRAシリーズ一覧(楽天市場)
TERRAシリーズ一覧(Amazon)

そしてもうひとつ。徐々に値を下げている人気上昇中の「RADEX RD1008」。

販売者の中にはKantan Lifeの名前も見えますね。

6万円台後半が多かったのですが、6万円台前半になってきました。γ線とβ線を同時に測定できるという珍しい機種。いろいろなモードが用意されているので、測定の楽しさという意味ではこちらも負けてません。
RADEXシリーズ一覧(楽天市場)
RADEXシリーズ一覧(Amazon)

少しばかり安くなり目立っていた2機種を紹介してみました。
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)