2011/11/14

RD1008の校正モードに関するマニュアルを読み比べてみた

「RADEX RD1008」の校正モードに関して情報をお寄せ頂き、ちょっと気になったのでマニュアルを読み返してみました。ロシア語版と英語版で違うんですね。
[ロシア語マニュアル]

Раздел ≪ПОВЕРКА≫

Режим ПОВЕРКА должен используется только квалифицированным персоналом в сертифицированной организации в случае,когда в процессе поверки изделия необходимо установить новые поверочные коэффициенты

Поверка изделия проводится во ФГУП ≪ВНИИФТРИ≫ согласно 10.кр.11.00.00.000ТУ

[ロシア語マニュアル google翻訳]

section ≪CALIBRATION≫

CALIBRATION mode should be used only by trained personnel in certified organization in the case where the process of checking products to establish a new calibration coefficients

Verification of products is carried out in accordance with Federal State Unitary Enterprise ≪VNIIFTRI≫ 10.kr.11.00.00.000TU

[英語マニュアル]

Section ≪CALIBRATION≫

The mode ≪CALIBRATION≫ should be used only by trained personnel in certified organization,when in the process of checking the product the new calibration coefficients should be set up.

In a ≪CALLIBRATION≫ mode it is possible to set up a default settings by entering a code < 050 >.

(柔訳)校正モードをいじくるのは、公認団体の専門家が製品チェックする際に、新たな校正係数をセットするときだけにしといてちょ。
「050」という具体的なコードを英語版では出していますが、ロシア語版では出していないんですね。なるほど。

以下、一般論です。

まず、原文マニュアルと翻訳マニュアルとでは内容が異なることもあります。誤訳等が含まれていることも多々あります。放射線測定器を買ったら(買う前でももちろんいいのですが)、一度は原文マニュアルに目を通すことをおすすめします。これまで見えなかったこと、わからなかったことが明らかになるかもしれません。

次に、マニュアルに書かれていることがすべてです。ここにはメーカーが伝えたいことがすべて過不足なく詰まっています。もしかしたら、マニュアルに書かれていないことでも、その機種に関してのさまざまな情報(使い方、操作方法等)があるかもしれません。ですが、メーカーがマニュアルに書いていない以上、少なくともメーカーはそのことに関してユーザーに伝えなくてもいいと判断しています。

ですから、マニュアルに書かれていないことを検証したり、実践するのは、あくまでもユーザーの判断。ただ、そうするにせよ、前提はマニュアルです。まずはマニュアルをしっかりと読み、正確に理解して下さい。その上で検証でも実験でも分解でもご自由にどうぞw

RADEXシリーズ一覧(楽天市場)
RADEXシリーズ一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+