2011/11/08

MiniTRACE CSDF

minitracecsdf_001.jpg
製品仕様
メーカー SAPHYMO[公式]
検出器 パンケーキ型マイカ窓付GM管(有効直径:44.5mm/有感面積:15.55cm^2)
測定可能放射線 α線、β線、γ線、X線
線量率範囲 0.00μSv/h~5000μSv/h
積算線量範囲 -
計数率 0.0~10,000cps
放射能 0~100,000Bq
放射能面密度 0~5,000Bq/cm^2
放射能濃度 FOOD:500~100,000Bq/L
アラーム機能 あり(ソフトウェア経由で各単位につき1点設定可能)
計測時間 1~60秒で自動調整。カウントアップモードで調整可能
エネルギー感度 μSv/h:26keV~1,253keV ±40%
バッテリー 単3電池×2本(2000時間)
使用環境 -10℃~+40℃
寸法(mm) 139×82×24mm
重量 320g(電池含む)
【白】【青】
備考・その他 表示単位はμSv/h、cps、Bq、Bq/cm^2、Bq/L。感度は4.3cps/μSv/h(Cs-137)。赤外線により各種の設定可。食品テスト、ワイプテスト用のアクセサリーあり。

Bq、Bq/cm^2ではCs137、Am241、I131、Sr90、U238、C14、Cl36、Co60から核種を選択可能。これは核種同定ではありません。ユーザー自身が選択してより適切な測定にしようとするものです。もちろん、実用上は核種同定できているわけではありませんから(核種同定できるような機器があるのなら、そのまま測定もできるはずw)、核種をユーザー自身が想定して選択するだけです。

「MiniTRACE β CSDF」という製品もあります(左商品参照)。個人的には同じではないかと推察しているのですが、正確なことは不明です。

また、同シリーズには

・MiniTrace γ S10
・MiniTrace γ S100
・MiniTrace β B-30
・MiniTrace β C-10

があります。最新の情報では「MiniTrace β B-30」が見あたらなくなってしまったのですが。

なお、当機器のメーカーはSAPHYMO社ですが、一種の部門・ブランドとして旧GENITRON社も残っており、MiniTRACEシリーズはここが担当しているような気配を感じます(Mirion Technologiesも状況が似てますね。他社を吸収合併していって、社名がブランド名として残る、みたいな)。「MiniTRACE CSDF」に関する情報もSAPHYMO社の公式サイトには見あたりませんが、旧GENITRON社のサイトにはあります。※製造国は一応、フランスにしておきました。

[参考資料]
http://www.genitron.de/...MiniTRACE_pb_gb_04_LD.pdf

[関連過去記事]
「MiniTrace (β) CSDF」の詳細がわかりました
「MiniTrace」とSAPHYMOまとめ。なのか?w
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+