「MiniTrace (β) CSDF」の詳細がわかりました

2011年11月08日
関連ワード:コラム , history , SAPHYMO ,
gc_108.jpg

***********************************
Привет

Please see the following site for the detail.
http://www.positron.dp.ua/istoriya_predpriyatia.html

This site introduces some articles below.
http://geigercounter001.blog55.fc2.com/blog-entry-711.html
(*this page)
http://geigercounter001.blog55.fc2.com/blog-entry-1524.html

MIRA-661 is a very interesting ratiation meter. On the backside, it is printed GENITRON & FAG name. GENITRON became SAPYMO(France)and FAG became Thermo Fisher Scientific.
***********************************

なんだかそそられます。「MIRA-661」というガイガーカウンターだそうです。

[ソース]
ebay:Professional geiger counter Mira 661radiation detector made in Germany ガイガーカウンター
http://www.ebay.com/itm/ws/eBay...891335863+

が、今回のテーマは「MiniTRACE CSDF」(SAPHYMO)についてです。結論だけお知りになりたい方は、適当に読み飛ばして最後のほうだけどうぞw(▼▼▼という印をつけておきました)

さて、このガイガーカウンターはなんだろうと調べていたら、本体裏にこんな表記がありました。「GENITRON INSTRUMENTS」。偶然ですね。

gc_109.jpg gc_110.jpg

[関連過去記事]
ガイガーのグレートジャーニー~SAPHYMOとThermo Fisher Scientificのニアミス
「MiniTrace」とSAPHYMOまとめ。なのか?w

GENITRON社、SAPHYMO社の公式サイトを見ても同機に関する情報がないのでググってみたところ、ワケのわからないサイトがひとつだけヒットします。

[参照サイト]Positron:History of the enterprice
http://www.positron.dp.ua/eng/istoriya_predpriyatia_en.html

ササっと見てみたところ、「GENITRON INSTRUMENTS」「MIRA-661」という単語が見つかりました。よく読んでみたのですが、いつも通り、ネイティブじゃない人間の英語はメチャクチャですw まったく読めませんから、これまたいつもの通り、ロシア語の原文をgoogle翻訳にブチ込んでみます。

※その後、上記の通り、英語版ができました

With the firm Genitron Instruments GmbH signed a contract for maintenance on the territory of Ukraine, Belarus and Russia dosimeters MIRA-661, supplied by the humanitarian aid;

この英語も微妙ではありますが、要はGENITRON社から人道的援助でウクライナ国内に「MIRA-661」が供された。そのメンテナンスをする契約をPositron社はGENITRON社と結んだ、ということでしょう。GENITRON社製品がPositron社という他社のサイトにお目見えするというのもこれで納得。そして、GENITRON社およびSAPHYMO社のサイト上に「MIRA-661」に関する情報が一切ない(というか、ネット上にもない!)ので、同機はもう製造されていないと推察できます。

うーん、なかなかイカした外観なのですが…。せめてスペックだけでも知りたかったです…。

なお、もし時間がありましたら、Positron社の歴史(上記URL)もぜひ。なかなか面白いです。ソ連崩壊、ウクライナ独立。そんな激動の中、たった数人で立ち上げた小さな会社が原子力関連事業でどのように発展し、あるいは時としてピンチに陥り、これを乗り越え、そして現在に至っているかが語られています。

また、「Polimasterが出したコメントが実に面白いです」という記事でもほんの少し触れたのですが、「border」というものがとても重要だということもわかります。島国に住む私たちにとってはもしかしたらピンと来ないかもしれませんが、実は、最近問題になっている瓦礫の処理、あるいは原発周辺地域からの/への移動、こんな話にも通じるところがあるかと思います。

[関連過去記事]
ロシア貨物の除染基準の正しい内容 ~やはり単位が間違っていたようです

[参考サイト]SAPHYMO GmbH Profile
http://www.environmental-expert.com/companies/saphymo-gmbh-2908
※3社の関係が簡潔にまとまっています

▼▼▼

なんてことを見ていて、再びGENITRON社のサイトをいろいろ見ていたら、なんと、「MiniTRACE CSDF」に関する情報があるじゃないですか!

[ソース]GENITRON:MiniTRACE
http://www.genitron.de/download/MiniTRACE_pb_gb_04_LD.pdf

苦労して私が調べていた各機種の差が、いとも簡単に表になってます…。ちくしょーw しかし、事態は一層ややこしくなります。

私が知る限りでは、

・MiniTrace γ S10
・MiniTrace γ S100
・MiniTrace β B-30
・MiniTrace β C-10

この4モデルがあると思っていました。しかし、上記の公式説明によると、

・MiniTrace γ S10
・MiniTrace γ S100
・MiniTrace β C-10
・MiniTrace CSDF

この4モデルになっています。

さらに恐ろしいことに、以前紹介したこちら。

なんと、「MiniTrace β CSDF」という製品名です。本体にもそのように表記されています。いったいどうなっているのか…。もうお手上げですw

ただ、「MiniTrace CSDF」の説明を読む限りでは、ターゲットとする核種を選択できたり、cps、μSv/h、Bq、Bq/cm^2、Bq/lで表示できたりと、「MiniTrace β CSDF」と同じです。製品名に”β”の有無はありますが、同じものと考えて…よさそうな気もしますが、気になる方はショップなりメーカーなりにお問い合わせを。

とにかく、「MiniTrace CSDF」(「MiniTrace β CSDF」)はやっぱいいね、というお話でした。
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)