2011/10/10

お手頃価格になってきた「Gamma-Scout」

Gamma-Scoutが6万円台です。

β線というと、TERRA、RADEX RD1008、あるいはInspectorに目が行きがちで、Gamma-Scoutはあまり注目されません。TERRA、RD1008に比べると少し大きめではあるのですが、感度もなかなかいいですし、もう少し注目されてもいい気がするんですけど(^^;

レバーで検出対象線種を切り変えたり、cps表示できたりします。何気にシンプルなので使いやすいです。端窓ですから壊れる心配もなく、パンケーキほどの慎重さは不要。いいと思うんですけどね。

近いうちに一度、Gamma-Scoutを中心に据えた端窓の考察でも進めてみます。

「Gamma-Scout」一覧(楽天市場)
「Gamma-Scout」一覧(Amazon)
2011.10.11追記:Amazonのは値上がりしちゃいましたね。楽天市場に安いものがありましたので貼り付けておきます。
関連記事

コメント

非公開コメント

300km

こちらの情報を元に
最近購入しました。
未だ使いこなせませんが
大変良い機種です。
時間設定がドイツ時間になっていて、変更に手間取ってます。

窓開放 0.1mmアルミ 1mmアルミとの切り替えは
簡易的にPuの存在を確認できます。
300km地点でも Puの存在を疑えます。

9/30以降 微妙に上がってますね
0.15から 0.2まであがってます。

Re: 300km

コメントありがとうございます。いい機種をご購入できてよかったですね。当サイトが役立っているようでしたら嬉しい限りです(^^

時計の設定はマニュアルによるとこんな感じですね。

[時間]
まず、「時計ボタン」を1回押して時間を表示させます。で、ここから時、分、秒と設定していくわけですが、「←」ボタンを1度押すと時の設定になります。上下ボタンで選択して、「←」ボタンで決定します。おそらくここでもう一度「←」ですかね(もしかしたら2度? マニュアルの書き方が曖昧ですが、分の箇所が点滅すればOKです)。そうすると分の設定。上下であわせて「←」で決定。もう一度「←」を押すと秒設定になりますが、まあ秒はあわせる必要はないでしょう(^^;

[日付]
「時計ボタン」を2回押して日付を表示させます。あとは時間設定と要領は同じです。

作業を途中でやめるには「時計ボタン」を押します。

これでうまく設定できればいいのですが…。

公式英語マニュアル
http://www.gamma-scout.com/Download/Manual-EN.pdf
公式日本語マニュアル
http://www.gamma-scout.com/Download/Manual-JP.pdf

※両者とも9ページ目が時間設定です


rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+