エスペックテクノのシンチ続報

2011年10月04日
関連ワード:ニュース
実情がまったくわからないので、電話で問い合わせました。


エスペックテクノは製造元。販売元は別会社。その会社名はまだオープンにできない。じきに製品化のめどが立ち、おそらくはプレス発表なども行われるだろう。

受注開始はしているけど、いま注文してもらっても、製品を届けられるのは2~3ヶ月後くらいになるかもしれない。いわば受注生産のような形だ。ただ、現在は「お試し」のようなもの(※私の個人的な推察:つまり、受注というのはB to Bの話で、製品としてまとめてくれる販売業者を募っているような状態?)。

一応、JISに則った製品になりそうで、もろもろのテストは販売元のほうで行われている。


だいたいこんな感じの内容でした。おそらくは今月中にも販売元からの発表があるとのことなので、詳細はそれまでお預けってところですかね。

[関連過去記事]
エスペックテクノがシンチ放射線測定器を受注開始
さてさて、マニアックな方はこのニュースを見て、というか、このサイズを見て「ああ、もしかしたら…」と思うかもしれませんねw ただ、いつものパターンとはちょっと違うようです。微妙に幅が広いです。このあたりも見ものです。

ちなみに、「A2700 Mr.Gamma」は75×27×135mmの単3×2本、「CK-3」は76×27×135mmの単3×3本。で、エスペックテクノは90×35×135mmの9V。タカチ電機工業の既製品だと、76×35×135mmが最大で、縦・奥行きを無視しても80mmが最大。特注ですかね。あるいはタカチ電機工業とは無関係だったりして。

なんて想像してるのも楽しいですねw

タカチ電機工業のプラスチックケース一覧(楽天市場)

関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)