中国製GM管を集めてみた

2011年09月19日
関連ワード:コラム , 集めてみた ,
ロシア製のGM管については詳しいサイトが山ほどあります。たとえばこんなサイト。

GSTube.com
http://www.gstube.com/catalog/9/

ですが、中国製GM管についてはちゃんとまとまっているサイトがあまり見られなかったので(私が見つけられてないだけかもですが)、とりあえず中国製GM管を集めてみようかと。どれほどの需要があるのかわかりませんがw
■スペック表(随時更新していこうかと)

chinaGM001.jpg

[参考サイト]北京丰华源仪器仪表设备有限公司
http://sew8.com/shexian/hefushe/

※直径が有効径なのかどうか(長さも)等、ちょっとよくわからない部分もあります
■J1

J106.jpg
J106

■J2

J201.jpg
J201
J202.jpg
J202
J204.jpg
J204

J205.jpg
J205
J206.jpg
J206
J207.jpg
J207

J208.jpg
J208
J209.jpg
J209

■J3

J301.jpg
J301
J302.jpg
J302
J304.jpg
J304

J305.jpg
J305
J306.jpg
J306
J307.jpg
J307

J308.jpg
J308

■その他

J408.jpg
J408
J701.jpg
J701
J705.jpg
J705
M4011.jpg
M4011

■備考

J302_02.jpg J302との説明があったのですが、前出のものとは形が違います。

J305_02.jpg J305ですが、前出のものと型番が微妙に違います。前出のものは製造年表記と思われる部分に「Ⅲ」とあります。こちらには何も書かれていません。

J306_02.jpg スペック表やそのソースとなっている情報源では「J306γ」となっていますが、「J306β」が正しいものと思われます。そうすると、「J306β」のスペック自体もおそらくは正確ではないかもしれません。詳しくは左写真および当記事のコメント欄をご参照下さい。
[写真引用元]
http://www.crystalradio.cn/bbs/...

※画像はすべてアリババあたりから引っ張ってきました
GM_sh86jp.jpg SH86-JPのGM管は見た目から言うとJ302γβかJ305γβ。サイズを考慮するとJ305γβでしょうかね。左はJ705? まったく自信はありませんw
[画像引用元]http://www.songhong.jp/

本当は他にもいろいろ見ていきたかったのですが、よくわからんですw 同じ機種でもGM管が違うなんてこともよくあるので、ここで「この機種はこのGM管だ」みたいな検証をしても、あまり意味がないと言いますか…。

興味のある方はご自身でお確かめ下さいw あくまでも自己責任で。

関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

98. 2011.09.19
日本語での中国製GM管の情報は少ないですから。

なお、一つ気になった点があります。J306は、「J306β」が一般的に流通していて、J306γというのは見たことがありません。その他のスペックは合っているので、単にソース側の誤記ではないでしょうか。
99. 2011.09.19
あ、ほんとですね。写真はβですしね。
とすると、γ感度ってのもおかしな話ですね(^^;)

訂正を加えつつ、引き続き情報を集めたいと思います。

ありがとうございました。

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)