2011/09/10

「RADEX RD1503」が2万円を切りました

関連ワード:最新入荷情報
2011年6月下旬にインターネット通信販売の大手ショッピングモールである楽天市場、Amazon.co.jp、Yahoo!ショッピングにおいて、「売れ筋」「おすすめ」等で上位に掲載されていた1 万円以上10 万円未満の放射線測定器で、測定値を読み取ることができ、繰り返し使用可能なもので入手が可能

という条件をピッタリ満たしているのに、例のテストでなぜか取り上げられなかった2機種w さらに価格が下がり、RD1503はなんと2万円を大幅に切って1万8000円です。こりゃお手頃ですね。


2万円台前半が限界と踏んでいたのですが、予想を裏切られました。さすがにもうそろそろ…。毎日閉店セールみたいな言い方になりそうなので、相場予想は適当に聞き流して下さいw

で、この両機はれっきとしたH(10)の”サーベイメーター”ですw 周辺線量(率)=空間線量を測定するための放射線測定器です。特に両者はスリット(本体の切れ込み)が入っていて、β線への反応もいいです。地表など物質表面の汚染を検出するのにも適しています(検出であって測定ではありません)。
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+