国民生活センターがトンデモ報告を公開しました

2011年09月08日
関連ワード:コラム , 国民生活センター , 実用量 ,
※この記事は9月の発表に関してです。12月22日発表の件に関してはこちらの記事をご参照下さい。
国民生活センターはガイガーいいね、女ってバカだねと言っています(嫌味
※放射線測定器の話ですw

※国民生活センターに問い合わせました。詳細は最後に記した関連記事もご参照下さい。

カッターを買ってきたAさん。

Aさんはそのカッターで魚をおろそうとしました。

だけどうまくさばけません。

「どういうことだ!
これで物が切れると聞いたから買ってきたのに!
なぜ魚が切れないんだ!」

Aさんは国民生活センターに苦情を入れます。

国民生活センターはこう言いました。

「こちらでもテストしてみますね」

そこで実際に、カッターで魚をさばいてみます。

確かに切りづらいです。

「これはけしからんな」

テスト結果を踏まえ、国民生活センターはこんな報告を公開します。


全国のみなさまへ。

魚が切れないカッターがあります。

ご注意下さい!


■関連サイト

最初に、関連サイト等を記しておきます。

☆独立行政法人 国民生活センター

比較的安価な放射線測定器の性能
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20110908_1.html

[報告書本文] 比較的安価な放射線測定器の性能[PDF形式](473KB)
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20110908_1.pdf

☆東京都健康安全研究センター

様々な種類の放射線測定器で、健康安全研究センターの敷地内を測定してみました。
http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/radiation_measurement.html

■メチャクチャな点

メチャクチャな点をとりあえず2点、挙げてみます。

・機器の性能評価と景品表示法違反の問題がごちゃまぜになっている

・機器本来の使用目的・性能をわかっていないから、テスト内容がメチャクチャ

■あるべき姿

1) 機器の正確な使用方法や性能を理解した上で、正しくテストする

2-a) もし機器として性能面での問題があれば、それはメーカーの問題。メーカーを指導するなり、その機器の販売をやめさせればいい。各販売店に注意を促すのもいいでしょう。

2-b) もし機器として性能面での問題がなければ、そして、その性能に対して過大な(虚偽の)評価を宣伝文句として利用しているのであれば、それは景品表示法の問題。各販売店にしかるべき対処をすべきでしょう。

■実際に行われていること

上記の通り、まず、正確なテストが必要です。これが大前提です。にも関わらず、独立行政法人 国民生活センターは、たとえば「DoseRAE2」に対して、以下のようなテストを行っています。

テスト方法

「6.テスト結果(1)測定機器の性能」の試験条件を表5 に、テストの流れを図8 に示した。

測定条件は「JIS Z 4511 照射線量測定器,空気カーマ測定器,空気吸収線量測定器及び線量当量測定器の校正方法」および「JIS Z 4333 X線及びγ線用線量当量率サーベイメータ」を準用し、床から放射線測定器を1.2m 以上離して設置し、スイッチを入れて暖気運転を5 分間行い、137Cs由来のγ線がテスト対象銘柄の背面に当たるよう線源を設置してから10 秒後の数値を1回目として記録し、以降30 秒毎に9 回数値を記録した。なお、測定中にバックグラウンドの変動はなかった。

そんなバカなw

DoseRAE2はHp(10)校正の個人線量計。本体裏からの放射線の入射をそもそも想定に入れていません。なぜなら、本体裏には人体があるはずだからです。なのに、背面に線源をあててテストとは…。

これは、他の機種においても同様です。今回テストされているのは、AK2011、BS2011+、DoseRAE2、DP802i、FJ2000、JB4020、RAY2000A、SW83、SW83a、FS2011の9機種。この中で、確実にサーベイメーターだと言えるのはSW83だけです。RAY2000A、SW83a、FS2011は自信がありませんが、その他はすべて個人線量計です(おそらく)。

なのに、背面からセシウムあてちゃいますか。アロカのTCS-171と比べちゃいますか。そうですか。

※どちらを表にするかは機種によって異なると思います。もしかしたら裏面にあてることが正しい場合もあるでしょう。しかし、表裏の問題だけではありません。個人線量計とサーベイメーターでは校正方法が違いますから、当然、テスト方法も異なるはずです。

※国民生活センターは9日に「SW83A」を「FS2011」に訂正していたようです。従って、当記事も訂正しました。ちゅーか、どんな間違いやねん!

どっかの学者やら研究者やらがやるくらいなら、ほほえましく見ていられますが、さすがに行政に関連した機関が公にこうしたメチャクチャをやるというのは…。

■悲しき放射線測定器

・安価な、特に中国製の機器には、表記されているスペック通りに動作しない”不良品”が紛れていることもある

・ショップがメチャクチャな説明をしていることも多々ある

・メーカーも説明不足だったり、誤訳をして、日本の消費者に誤解を与えていることもある

これは事実でしょう。

ですが、何もわからず適当なテストをしちゃうような”不良品”的機関が”不良品”をテストしたところで、どれだけの意味・信頼性があるというのでしょう。

じゃあ、信頼性に乏しいと断罪されてしまった「DoseRAE2」で、空間線量測定をしている都の立場って…。まあ、そもそも都もメチャクチャなんですけどね。

国民生活センターがまず言うべきことはこうです。

「おい、東京都! DoseRAE2をサーベイメーター呼ばわりして、そんなもので空間線量(率)を測定するな!」

「個人線量計とサーベイメーターをちゃんと使い分けろ!」

「ショップもちゃんと説明しろ!」


使用目的等を誤解され、誤って使われ、さらには「これは正確ではない」などと言われてしまう放射線測定器・個人線量計…。

私は憤りを通り越して悲しくなってくるのです。


個人線量計のこと、中国製”放射線測定器”のこと、DoseRAE2のこと、すべて当サイトで不十分ながら検証しています。ぜひ過去記事もご参照下さい。


これがまたマスコミなんかによってバッと広まって、

「中国製ダメ!」

「安物じゃ正確に測定できない」

みたいな反応であふれかえるんだろうなぁ。

やれやれです。

追記:以下の記事もご参照下さい。
国民生活センターがトンデモ報告を公開しました(当記事)
改めて国民生活センターのこと、個人線量計のこと
一応、国民生活センターは例の報告書が”不適切”だったと認めました
国民生活センターの無様な言い訳
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

67. 2011.09.09
初めまして。
最近、毎日お邪魔しております。
サーベイメーターと、個人線量計の違いも、こちらにうかがってから分けて考えることができるようになりました。
今回の発表は、個人が購入した線量計は信頼出来ないと言う事を広く世間に広めることになると思います。
私も5月にJB4020を購入しあちこち計ってみたりしましたが、放射線の性格からして、計測値にバラツキがあるのは当たり前ですし、それゆえに長い時間かけて平均値を計算する等はちょっと勉強すればわかることですし、実際にそうして計測してみれば、厳密なデータとしてはともかく、汚染度の違いははっきりとわかりますし、実は数値もかけ離れたものではなかったりします。
特にJB4020は安っぽさではダントツと言える機種ですが、意外にも出てくる数値はまともです。
最近、ポケットガイガーKITを入手しまして、アロカのシンチレーションサーベイメーターで、サンプルの土壌を計測してもらい、それを元に計測しましたが、ほぼぴったりの数字です。それと比べても、JB4020の誤差は10%にもならない程度です。
蛇足ですが、JB4020で地表面を表と裏で計測してみましたが、やはり表面側、すなわち本来の目的に照らした側の方が、計測値が若干低くなりました。
それも単なる誤差だと言われてしまいそうですけど・・・・・
低線量では、誤差が大きくなるので注意することと、食品の放射線を計るのはちょっと無理ですよって事なら納得なんですが、困ったものです。
68. 2011.09.09
 初めまして。千葉は市原市より放射能測定結果をHPやブログでお知らせしているものです。昨日の発表を見て3機種持っているうちの1機種がDoseRAE2でしたので正直なところ複雑な気持ちでございました。放射能測定に関して特段専門的な知識も持ち合わせていない私が、毎日同じ場所で測定した結果をご報告していたので、なにか悪いことでもしてしまったのか…とも考えておりました。独立行政法人という親方日の丸的な機関の発表したことなので怪しい点は多々あるとは思いました。しかし、あれを見れば100人中ほとんどの方は中国製=超粗悪品だろう と思ってしまいますね。あなた様のご意見を拝見させて頂き少し気持ちが楽になりました。ありがとうございました!
69. 2011.09.09
コメントありがとうございます。

> elan様

JB4020も、これと同等機と見られるES-GC01もユーザーが多いので、この発表が気になる方も多いでしょうね。

elan様のコメントからうかがえるもうひとつ重要なことは”個体差”ですね。中国製に限らず、一般ユースの比較的安価な機種は、個体差が激しいことがあるというのも、各所で報告されている通りです。

もちろん、個体差があること自体が問題とも言えなくはないのですが、そうしたこともちゃんとわかった上で、うまく利用する方法・知恵を身につけたいものです。みんながみんなアロカを持つなんて無理なんですから(^^;)

> g-check管理人様

DoseRAE2は個人線量計であり、本来は空間線量を測定するものではない。そういうことをわかった上で測定するのと、そういうことをまったく知らずに測定するのでは、違うと思うんですよね。もちろん、どう使おうが、たまたま同じような数値を示すこともあるでしょうけど。

というか、国民生活センターのあのテストを、もしRAE SYSTEMSが知ったらどうするんだろうとw そして、DoseRAE2を貸し出している都はどう考えるんだとw
70. 2011.09.09
えーと…
個人線量計は、普通「+」のついてる側、値の表示されてる側を人体に接触させて使います。

つまり、センサーは「裏」にあります。
DoseRAE2を持ってないので取説とか読んでないですが、恐らくは「裏」からあてた時が正確になるように作られてます。

ポケットに入れる時も、「+」が人体側、つまり液晶が体に接するようにします。
71. 2011.09.09
コメントありがとうございました。

まず最初に…盲点でしたw

どちらが正しいにせよ、そこまでの考えに至っていませんでした。これは私の詰めの甘さです。失礼しました。

さて、DoseRAE2のマニュアルには、表の「+」が「Sensor Location」とあります。センサーの場所ですね。で、こちらはRAE SYSTEMSの公式サイトです。右側の動画の4:30と最後の部分をご覧下さい。

http://www.raesystems.com/japan-response

「+」のついている表を外側にして装着しています。この動画だけに限って言えば、「+」の面(表)が入射方向だと思われます。さすがに公式サイトが間違った装着方法を紹介しているとは…。

また、当サイトでも紹介させて頂いたことがあるのですが、こちらのサイトにDoseRAE2の分解画像があります。液晶面=表側にセンサーがついています。裏は基盤だけです。
http://www.icefree.org/206.html

次に、これはJISの話になってしまうのですが、「JISZ4312:X線,γ線,β線及び中性子用電子式個人線量(率)計」にはこう書かれています。

6.1 構造一般
h)(前略)人体に装着したとき、放射線入射方向を線量計外側に表示しなければならない。

もちろん、DoseRAE2はJISとは関係ないでしょうが、日本においても入射面(表にすべき面)に表示がなければJIS的にはダメだということだと思われます。

以上のことから、DoseRAE2は「+」のある面が外側=入射方向だと今のところ結論付けてみました。そして、裏側からγ線を照射した国民生活センターのテストはやはりおかしいのではないかと。

ただ、正直、自信がありませんw もう少し調べてみます。

ちなみにですが、「+」等の印を人体側にするというソースをご存じでしたら、ぜひお教え下さい。

なお、「Dose i」はクリップ面に「γ」とあって、小さな穴っぽいものがありますね。これは裏面(クリップ面)が入射方向でしょう、おそらく。PDM-122も液晶面に「こちらを人体側に」と書かれていますから、液晶面が人体側。両者をテストするなら裏面から照射するのが正解だと思います。

とりあえず、機種によってさまざまですね(^^;)

※本文にも記した通り、一概に裏からの照射がおかしいとは言っていません。機種によっては裏から照射すべきものもあると思います。
72. 2011.09.09
[追記]
RAE SYSTEMSの日本語バージョンもありました。
こちらの5:50~と最後の部分をご覧下さい。
液晶面を表にして装着しています。

http://www.raesystems.jp/products/doserae-2
73. 2011.09.10
表/裏の話を出した者です。名前付けます。
上では「センサーは裏にある」といいましたが、実際のセンサーの位置はあまり関係なくて、結局はどの配置で校正したかによります。
ですから線量計の説明書に書いてあるはずです。
DoseRAE2はどうでしょうか?

> ちなみにですが、「+」等の印を人体側にするというソースをご存じでしたら、ぜひお教え下さい。

残念ながらきちんとしたものはみつかりませんでした。
ですが、国内で一番有名なアロカのMyDoseシリーズを使っている方なら皆知っているはずです。
たとえばこちらを。
http://jazzyk8.web.fc2.com/shop/pdm122.html
ポケットに入れクリップで止め、液晶面が人体に向くように使います。
また、本体に「THIS SIDE FACES YOURS BODY」と書かれています。これが
> 人体に装着したとき、放射線入射方向を線量計外側に表示しなければならない
です。

> とりあえず、機種によってさまざまですね(^^;)
はい。

国民生活センターの試験がおかしいのには同意しますが、
ですので、裏から当てたというだけで「そんなバカな」は言い過ぎであろうと。

すくなくとも、線源の情報はもっと正確に出してくれないとダメです。
Cs137を当てただけで線量が正確に出てると思っているフシがあります。
http://www.nmij.jp/public/report/monograph/7/monographno7.pdf
ここにあるように、標準場で測定しなければ。
75. 2011.09.11
コメントありがとうございます。

------------------------

> DoseRAE2はどうでしょうか?

説明書等には明記されていませんので、
直接聞くか、推察するしか方法がありません。
で、その推察(公式動画からの推察)を
先のコメントで紹介させて頂きました。

------------------------

> ポケットに入れクリップで止め、液晶面が人体に向くように使います。

はい。
PDM-122(マイドーズミニシリーズ)は
そちらが人体側だと先のコメントで申し上げました。
「THIS SIDE FACES YOURS BODY」は人体側です。その通りです。

> また、本体に「THIS SIDE FACES YOURS BODY」と書かれています。これが
>> 人体に装着したとき、放射線入射方向を線量計外側に表示しなければならない
> です。

ということは、その表記は内側にきますよね?
しかし、JISには外側に表示しろと書かれています。

※だから「YOURS BODY」が外側だと言っているのではありません。
その意味は後述します。

もし「THIS SIDE FACES YOURS BODY」がJISで定めた”表示”だとしたら、
その面が放射線入射方向となります。
ということは、人体側から入射してくることになります。
これはさすがにおかしいのでは…。
スラブファントムの意味がないですよね(^^;)

たとえば、「Dose i」(富士電機)も液晶面に「body side」という表記があります。
一方、クリップ面には放射線入射方向を示す「γ」の表示があります。
JISの通りです。

http://blog-imgs-48.fc2.com/g/e/i/geigercounter001/dosei_004.jpg

つまり、「THIS SIDE FACES YOURS BODY」は
JISでいう”表示”とは関係なく、
単なる「こちらを人体側にして下さい」という注意書きでしょう。
少なくとも「Dose i」を見る限りは、
「BODY」等の表記がJISの”表示”にはあたらない、
ということがわかります。

なお、富士電機において「γ」が外側=入射方向であるということは、
こちらを見れば明白です。
富士電機の個人線量計「NRF40」の英語マニュアルです。
8ページ目をご覧下さい。
人体側には「BODY SIDE」、
外側(FRONT)には入射方向を示す「γ」の表示があります。
まさにJISの通りです。そして「Dose i」と同様です。
http://chadheath.com/qaltek/PDF/NRF40_Manual-USA.pdf

ちなみにですが、「THIS SIDE FACES YOURS BODY」は単なる注意書きですから、
PDM-122(マイドーズミニ)の入射方向(クリップ側)には
表示が何もないということになります。
厳密に言うならばJIS違反ですが、
「THIS SIDE FACES YOURS BODY」との明確な表記があるので、
これをもってJISがいうところの外側の表示と同等と”みなしてよい”
と考えられているのだと想像します。

以上のことから、やはり、
基本的には「+」等の表示がある面が外側=入射方向で、
「Dose i」は「γ」表示のクリップ側、
「DoseRAE2」は「+」表示の液晶面が外側だと考えます。
「PDM-122」は入射方向(外側)に表示はありませんが、
内側の「THIS SIDE FACES YOURS BODY」が外側の表示を代替している、と。

後半部分(”みなす”あたり)は私の想像が含まれてしまいますが、
入射方向と表示に関しての前半部分はどうでしょう。
「THIS SIDE FACES YOURS BODY」=外側の表示だとしたら、
「THIS SIDE FACES YOURS BODY」側から入射してくる=人体側からの入射を
仮定しているとなってしまいますが(^^;)

------------------------

> 裏から当てたというだけで「そんなバカな」は言い過ぎ

私なりの表現です。
ご容赦下さい(^^;)

また、これも本文に書いていますが、
単に表裏を問題にしているわけではありません。
アロカのサーベイメーターと個人線量計を
同じテストで比較していることを問題視しています。

あえて繰り返します。

「そんなバカな」ですw

------------------------

> すくなくとも、線源の情報はもっと正確に出してくれないとダメです。

ですねぇ。
たとえば、さらに気づいたのですが、放射線源と本体との距離。
これが明記されてなくて気になりました。
あくまでも校正の話ですが、
サーベイメーターは確か1.2m以上、個人線量計は2m以上離すというのが
JISに規定されていたような。
この点もどうなっているのか…。

素人ですから、深いところまでは校正のことは理解できません。
ただ、少なくとも同じようにテストするのはマズいでしょうとは思います。



私自身とても勉強になるご意見を承っていると感じております。
引き続き、上記のことを含め、ご意見等お待ちしております。
77. 2011.09.11
> 説明書等には明記されていませんので、
そうなのですか。うーん。
それはちょっと残念ですね。

> 「THIS SIDE FACES YOURS BODY」
すみません。タイプミスが恥ずかしい。
「THIS SIDE FACES YOUR BODY」
です。

> 「THIS SIDE FACES YOURS BODY」との明確な表記があるので、
> これをもってJISがいうところの外側の表示と同等と”みなしてよい”

これですが、
> 人体に装着したとき、放射線入射方向を線量計外側に表示しなければならない
これの解釈が問題でしょう。
おそらくこれは
> 人体に装着したとき(の)放射線入射方向を線量計(本体ケースに)表示しなければならない
ということであろうと思います。
ヒドイ日本語ですが、JISではいつもです。

校正された測定点の表記は要らないみたいですね。
JISにもIES61525にも無いようです。
> 外側(FRONT)には入射方向を示す「γ」の表示があります。
Radiにも「+」があり、Detectorと書かれていますね。
とすると「+」「γ」「γ・」などが測定点を意味するということでしょうか。
ならばDoseRAE2は液晶が外に来るようにつけるのが正しいということになりそうです。

> 素人ですから、深いところまでは校正のことは理解できません。

校正はこのように行います。
図9.4を見ればわかる様に、少なくともCs137に関してはどの線量計でも殆どずれません。
http://www-pub.iaea.org/MTCD/publications/PDF/te_1564_web.pdf

DoseRAE2は安いとはいえRAEの製品で、校正証明書もついています。
生活センターが出すほどずれているとは思えません。
78. 2011.09.11
あーーー!
こういうの、ずっと探してたんです。
ぜひ見たかったんです。
ファントムを使っての具体的な校正風景。
図ではよく見かけるのですが、写真ではなかなかなくて。

まだちゃんとは読んでないのですが、
これからじっくり読んでみたいと思います。

とても貴重な資料、ありがとうございました。

> 生活センターが出すほどずれているとは思えません

まったくです。

これは問題となるような気がするんですよね。
RAE SYSTEMSはもちろんのこと、販売店も怒るでしょうし。

「当社の製品を不当に評価し、その信頼性を揺るがせた」(RAE SYSTEMS)

「この発表が元で売れなくなった!」(販売店)

訴訟起こりませんかね?(^^;)

私はすでに国民生活センターがするかもしれない(見苦しい)”言い訳”を
5つほど想像できていますけどw

とりあえず、各所から都に対して、国民生活センターに対して、
そしてRAE SYSTEMSに対して、問い合わせているようです。
近いうちに何かしらの動きがあるかもしれませんね。
100. 2011.09.21
 福島の0.19μSV/hの地域からです、はじめまして。
 町や県に何度もお願いしているのですが、今 福島では各町役場にて、毎日2回アロカのtcs172で測定して結果を町に報告しています、その場所が汚染される心配もあるので、その場所以外で一か所、皆が車で来て、地表1mなら1mの棒でもそこに置いておき、今日のそこでのtcs172での測定値は何μSV/hですよと表示してくれれば、そこに行って各自がgm測定器の確認が出来るはずなんですが、福島ですらまだ対応してくれません。。。
除染作業をすると測定機が汚染される事もあります(実際自分もやりました)確認する為にもそういった場所がまず一か所出来れば、少しずつでも良くなると思いコメントいたしました。
101. 2011.09.21
コメントありがとうございます。

自治体はなかなか動いてくれない、という声を各所で耳にしますが、
福島でもやはりそうなんですね。

「上から言われたことだけをしておけばいい」
「面倒なこと(面倒になりそうなこと)はできるだけ避ける」

まさに”お役所仕事”の典型ですね。

0.19μSv/hというのは、おそらくはお住まい周辺の平均的な数値だと推察します。
とすると、もっと線量の高い場所・地域もあることでしょう。
少なくとも低い数値とは言えないですよね。

毎日の空間線量測定、除染活動、食品の汚染検査等、
あるいは各機関・役所への働きかけと、
心身ともに大変な状況にいらっしゃると思います。
なにとぞ、体にはお気をつけて…。
陰ながら応援させて頂きます。
544. 2012.05.18
 非正規品が出回っています。
 このような特需の場合、十分に考えられる事とは思いますが。

 私も購入しましたが、まず本体の製造番号が正規品のものではない事が判明しました。 
 次に分解すると、内部のセンサー(シンチレーション)が抜き取られている事もわかりました。
 
 不良品というよりも、こういう悪徳商法があるという事実です。
 動作不良ではなく、放射線を感知する物質が抜き取られて転用、転売されているという事です。
 ご注意ください。
545. 2012.05.18
コメントありがとうございます。

シンチということは「DoseRAE2」のことですよね。それはひどい。

どこで抜き取られたかも問題ですね。
製造番号がおかしいということであれば、製造段階ですでに…か。

もしよければ、製造番号の部分とシンチが抜き取られている部分の写真をお送り頂けませんか? 当サイトでも注意喚起したいと思います。また、これは公表は差し控えますが、ご購入されたショップもお教え頂けるとありがたいです。そこからルートをつかめるかもしれませんので…。

当サイトの最下部にメールアドレスを記しております。そちらにご連絡頂けると幸いです。

ちなみに、ショップへはどのようにご対応を? 難しいかもしれませんが、返金を要求された方が…。完全に法的な問題ですし…。

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)