2011/08/26

RADEX RD1503が税送込で26,880円

「RADEX RD1503」が税送込でこの価格。かなり安くなっていますね。

積算線量は測定できませんが、普段、空間線量を調べるくらいなら、なくても困らないでしょう。とても扱いやすいですし、ユーザーも多いので、一台目のガイガーカウンターとしては最適ではないでしょうか。

ちゃんとマニュアルを読んで正しい使い方をすれば、β線による汚染具合も知ることができます(参照:誤解だらけの「RADEX RD1503」。β線なんてそもそも”測定”できません)。エントリーモデルではありますが、バランスのとれたいい機種だと思います。

なお、β線をもう少しちゃんと測定したいということであれば、同シリーズの「RADEX RD1008」という機種もあります。パンケーキ型のGM管を2つ搭載し、そのうちのひとつ(マイカ窓付GM管)でβ線を感度よく拾えます。少し操作が複雑になりますが、なれればすぐ使いこなせると思います。

RADEXシリーズ一覧(楽天市場)
RADEXシリーズ一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+