「イプタ はかるっち」は高森コーキの「RAT-1」だろうか…

2011年08月23日
関連ワード:ニュース
福島民友新聞社「郡山の会社が「低価格簡易放射線モニター」開発」
http://www.minyu-net.com/news/news/0823/news11.html

hakarucchi_001.jpg

メーカーは「ひさき設計株式会社」。見た瞬間、もしかして…。

外観、サイズ、スペックが、高森コーキの「RAT-1」とまるで同じです。どちらかが開発して、どちらかはOEMなのか、まったく違う第三者の開発を介して、両者がOEMしているのか、まったくの別物がたまたま似ているのか…。

もう少し調べてみます。

[追記]
改めて高森コーキの楽天ショップ「ここん家便利屋」の説明を読むと、こんな文言が追加されていました。

メーカーの都合により、お客様への発送が遅れる場合がございます。

高森コーキに直接電話で聞いた時は、「オリジナル製品だ」と言っていましたが、「弊社が開発した」とは言っていなかったような記憶があります(過去記事にもそう書いています)。一方、ひさき設計株式会社の説明では、以下のような文言があります。

安価で使い易い放射線モニターを作ろうとの思いで開発に着手。

ということは、どちらかというと、ひさき設計株式会社のほうが、”メーカー”である可能性が高い。のかなぁと。高森コーキのサイト上には「RAT-1」に関する情報は一切ありませんしね。

【開発メーカー】ひさき設計株式会社
【製品名】イプタ はかるっち

【OEM(?)】高森コーキ株式会社
【製品名】RAT-1

というのが、現在のところの私なりの推測です。あくまでも推測ですから、正確かどうかはわかりません。まったく別の可能性だってありますしねぇ。とりあえずこんな感じです。
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)