ドイツ・Innova社「ALPHAiX 3000」

2011年08月21日
関連ワード:最新入荷情報
ドイツ・Innova社の「ALPHAiX 3000」です。公式サイトは、おそらくこちらだと思われます。
http://www.alphaix.de/produkte/alphaix.php

http://countertube.com/
というドメインもサイトの内容がまったく同様なのですが、公式サイトなのかどうかは不明です。ドメイン情報を調べたところ、Innova社が所有しているような感じだったので、おそらくは両者ともに同社サイトだとは思いますが…。

さて、この「ALPHAiX 3000」は単体では何も測定できません。プローブを接続することで放射線を測定できるようになります。プローブは公式でも入手できますし、公式で購入できるもの以外でも、ちゃんと適合するものであれば利用可能だと思われます。ですから、測定できる線種等は検出器たるプローブに大きく依存します。

一例を挙げます。たとえば、公式サイトで購入できる「Endfensterzählrohr Typ A」というプローブ。ドイツ語ってやつは単語をつなげて新しい単語を作るという変わった言語ですからw、「Endfensterzählrohr」はEnd + fenster + zählrohr で端窓式の(ガイガー)カウンター管。1.5~2.0 mg/qcmのマイカ窓で、直径は9.14mm(qcmに関しては略!)。α線:1.9MeV~、β線:0.09Mev~、γ線:0.01Mev~で、測定範囲は0.0001~100 mR/hとなります。

なお、同機の測定モードは「IMPULS」「Ipm」「μSv/h」の3つ。IMPULSはパルスをカウントするのでよくあるパターンですが、Impはちょっと独特で、いわゆるcpmとは異なります。詳細は公式サイトのマニュアルでご確認を。

本当はこの「ALPHAiX 3000」は取り上げる予定がなかったのですが(当サイトの基準に合わないため)、『放射線、正しく測って子どもを救え!「ポケット線量計マニュアル」』というDVDがあります。その内容も気になるところですが、DVDのイメージ写真?ジャケット写真?が同機だったので、ついでに紹介してみました。

持ってる写真を見ると、意外と大きいですね。もう少しコンパクトかと思ってました。
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)