NT6102の進化版「NT6102+」をいつものごとく大胆予想w

2011年08月10日
関連ワード:コラム
”白いアイツ”の続報です。続報といっても、まだまだわからないことだらけなのですが。

まず、機種名がわかりました。「NT6102+」だそうです。「NT6102」の”進化版”とのこと。何が進化したか。充電式から乾電池式(単4)に変わったそうです。ただ、何本必要かは不明ですし、それ以外にどう進化したのか、あるいはそれ以外に進化はないのかも不明です。

※その後、追加された写真から単4×2本だと思われます。

なお、最下部にあるスペック表ですが、これはあくまで「NT6102」のもの。電池、サイズの欄がNT6102だからです。つまり、「NT6102+」のスペックはまるでわからない、です。

にも関わらずいくつか売れているという驚くべき事実!w つわものだw

直感ですが、どうしても「NT6102」とはつながらないんですよねぇ。「BS3000」「NT6200」「RAD-30」といったシリーズ、あるいは「RAD-35」と関連があるような気がして仕方ありません。少し長細くなりましたが、見た目も液晶画面内の表示要素もこれらとまったく同じですから…。

BS3000シリーズとはイメージを変えて売り出したい。でも、少し大きくなっているからむしろ”退化”とも捉えられかねない。よし、「NT6102」の”進化版”としちゃえ!

とか?w

あ。こういう可能性も?

「NT6102」が結構余ってる。そして売れない。知名度も低い。よし、BS3000シリーズを”改良”して、「NT6102」の”進化版”として売り出してみよう。そうすりゃ、「NT6102+」も売れるし、「NT6102」の名前に改めて注目が集まって知名度が上がり、もしかしたら「NT6102」も売れるかも♪

なーんてこと、ないですよね?(^^;)

まあ、本当に”進化版”だとしたら、余ったNT6102をかき集めて、中身を取り出し、液晶画面を付け変え、新しいボディに仕上げた。ついでに電池式にしておこっと。コスト的に安くなるし。てな感じでしょうかねぇ…。

あくまでも私の勝手な想像ですから。ご了承を。

購入された方もいらっしゃるようなので、もし手元に届いたら、ぜひぜひ詳しく教えて下さい!
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)