ロシア貨物の除染基準の正しい内容 ~やはり単位が間違っていたようです

2011年08月08日
関連ワード:コラム , ベータ粒子束密度 ,
放射線基準値超の貨物は除染が必要(ロシア)
http://www.jetro.go.jp/world/shinsai/20110517_03.html

ベータ粒子束密度を考察している私としては、ずっと以前から気になっている記事でした。何が気になっていたかというと単位です。

遊離性ベータ粒子の数が1分当たり1平方メートルにつき10を超える場合は、表面を指定の溶剤で除染しなければならない。

ベータ粒子束密度に関する私の理解が足りないか、あるいはそもそもこの記事に誤りがあるかのどちらかだと思い、とりあえず日本貿易振興機構(JETRO/ジェトロ)に問い合わせてみました。

すると、やはり「1平方メートルにつき」は誤りで「1平方センチメートルにつき」が正しい、との返答を頂きました。

どうやら修正には時間がかかるようなので、とりあえず当サイトでお知らせしておきます。

このニュースに関しては他所でもそこそこ取り上げられています。こうしたサイトへも正確な情報がいち早く伝わることを祈りつつ。

2011.08.11追記:修正されました。上記リンク先も「1平方センチメートルあたり」となっています。ただ、「1平方メートルあたり」を前提に書かれたブログ等が多数あります。ぜひとも各ブログ様には修正されることをオススメします。
とりあえず記事アップ。追記予定あり。
以下、追記。

【ベータ粒子束密度考察】番外編 01

もし「m^-2・min^-1」が正しければ、とんでもないことになっていると思われます。cm^-2に単位を直すと、10/m^2・min = 0.001/cm^2・min。そこらの放射線測定器では計測不能な数値ですw

さて、「10/cm^2・min」が正しいとわかりました。この数値自体はどう考えればいいでしょう。「【ベータ粒子束密度考察】その4 具体例編 ~TERRA MKS-05」でも紹介しましたが、TERRA的には

Normal radiation level
Flux density:
(backgr+0.020) 10^3/(cm^2・min)


としています。ちなみに「10/cm^2・min」はTERRAでは「0.010」と表示されます。ロシア貨物の基準はTERRAのnormal観よりも若干厳し目ですね。ですが、これは貿易、ビジネスの問題ですから、厳しくなって当然でしょう。

さらに、ベータ粒子束密度を計測するのには「γ線の空間線量率が0.3μSv/h以上だったら」という条件がつきます。0.3μSv/hという数値はお馴染みなのでわかりやすいですね。なかなか高い線量率です。このことからも、「10/cm^2・min以上だったら除染」が無茶な要求ではないと推察されます。

ところで、この件で私の中で一番引っかかっていたのは、この事実関係自体ともうひとつ、ベータ粒子束密度は面積に単純に比例するのか?という点でした。冒頭で何気なしに「10/m^2・min = 0.001/cm^2・min」と書きましたが、本当に? たぶんあっているとは思いますが、この件に関しても、調べても調べても、ちゃんと教えてくれるサイトがありません。

おい、放射線の専門家たちよ! もうちっとわかりやすく、実情にあった解説をしてくれよなっ! この件に限らずっ!www
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)