セーラー万年筆も線量計。そしてその正体は…

2011年08月05日
関連ワード:ニュース
セーラー万年筆が日立アロカメディカルの機種を転用した線量計を発売するとのニュースが(すでにもう売りに出されているかもしれません)。

[ソース]時事ドットコム
個人用の放射線量計を発売=約3万円で-セーラー万年筆
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011080500009

セーラーの公式オンラインショップでも売られています。
http://sailorshop.jp/SHOP/79-2990-000.html

PDM-122ですね。ちなみに日立アロカメディカルのPDM-122公式ページはこちら。
http://www.hitachi-aloka.co.jp/products/data/radiation-003-PDM

ところで、上記記事では「転用」となっています。転用…ということは、差がある? ですが、スペックなどを見比べてみても、いまいち違いはよくわかりません。

「PDM-122」一覧(楽天市場)

とりあえず結論としましては、

気にするほどのスペック差はないんだし、どっちでもいいんじゃないの? ただ、これ、個人線量計ですから。

ということです。

もしかしたら、堀場製作所のPA-1000 Radiやガイガーカウンターあたりと比較してどうしようか…なんて考えている人もいるのではと想像してまして。

まったく違うものですから。比較するようなものじゃないですから(^^;)

2011.08.06追記:内容を大幅に改編しました。アロカ版とセーラー版の違いがやっぱりよくわからないので…。
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)