2011/08/05

セーラー万年筆も線量計。そしてその正体は…

セーラー万年筆が日立アロカメディカルの機種を転用した線量計を発売するとのニュースが(すでにもう売りに出されているかもしれません)。

[ソース]時事ドットコム
個人用の放射線量計を発売=約3万円で-セーラー万年筆
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011080500009

セーラーの公式オンラインショップでも売られています。
http://sailorshop.jp/SHOP/79-2990-000.html

PDM-122ですね。ちなみに日立アロカメディカルのPDM-122公式ページはこちら。
http://www.hitachi-aloka.co.jp/products/data/radiation-003-PDM

ところで、上記記事では「転用」となっています。転用…ということは、差がある? ですが、スペックなどを見比べてみても、いまいち違いはよくわかりません。

「PDM-122」一覧(楽天市場)

とりあえず結論としましては、

気にするほどのスペック差はないんだし、どっちでもいいんじゃないの? ただ、これ、個人線量計ですから。

ということです。

もしかしたら、堀場製作所のPA-1000 Radiやガイガーカウンターあたりと比較してどうしようか…なんて考えている人もいるのではと想像してまして。

まったく違うものですから。比較するようなものじゃないですから(^^;)

2011.08.06追記:内容を大幅に改編しました。アロカ版とセーラー版の違いがやっぱりよくわからないので…。
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+