2011/07/31

W&T-101型

wt101_003.jpg
製品仕様
メーカー -[公式]
検出器 GM管
測定可能放射線 α線、β線、γ線、X線
線量率範囲 0.01~1000μSv/h
積算線量範囲 0.01μSv~999999Sv
アラーム機能 あり
計測時間 デフォルト:60秒
自動/マニュアル設定範囲:3~180秒
エネルギー感度 α線:4.0 MBq
β線:0.2 MBq
γ線:0.02 MBq
X線:0.02 MBq
※ショップの説明をそのまま引用しましたが、「Bq」は間違いで「eV」が正しいと思われます
バッテリー 単4電池×3本
使用環境 -40℃~+75℃
寸法(mm) 165×80×30 mm
重量 240g(電池含む)
【白】【オレンジ】【ピンク】
備考・その他 wt101_002.jpg カウント範囲:0~999999cpm / 0~1500cps
カウントトータル:0~999999
※ショップの説明では「放射線パルス量率累計」となっています

ショップの説明によると「1μSv/hのCo-60放射線環境で108個パルス、あるいは1000 cpm/ mR/hr」とのこと。

アメリカ製ハロゲン充填型GM管搭載。USBでPCへデータ転送可能。

スペックは「900+」にそっくりです。見た目は「SW83」に似ていなくはないです。なお、トップの画像と備考欄に載せた画像では外観が若干異なります。

ソースはこちらです。
http://www.geocities.jp/wttecjps/page11-02.html

2011.09.02追記:ショップの説明が若干変わっていたりしますね。詳細は依然不明です。また、以下のようなサイトを見つけました。同機器名でググった検索結果で、中国系が引っかかるのは唯一これだけです。メーカーでしょうかね。よくわかりません。

南京双有电气自动化有限公司
http://www.chinasyo.com/productshow.aspx?ProductID=96
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+