Pripyat入荷しましたが、性能で買わないでほしいというのが個人的な気持ち

2011年07月26日
関連ワード:最新入荷情報
来ました。「Pripyat(プリピャチ) PKC-20.03」です。

なんといいますか、魂が揺すぶられます。この無骨でメカニカルで繊細さのかけらもないデザイン。たまりません。アナログ感満載の切り替えスイッチも素晴らしいです。

GM管が2本だとか精度がどうだとか、そんなことはどうでもいい。見ているだけで幸せになれる、そんなガイガーカウンターです(幸せってのは違うかw)。なぜか「ランチア・ストラトス」を思い出しちゃうんですよねぇ。あるいはアルカディア号(キャプテンハーロック)とか。別に似ているわけじゃないんですが、なんとなく。個人的な感慨ですが。

性能を見て買わないで下さい。性能がダメだというわけではなく(むしろ評価は高いです)、そういう観点で手にする製品ではありませんので。これを見て、なぜか心が惹きつけられる、そんな方にぜひ手にして頂きたいです。

おっと。よく見ると2011年製造とありますね。マジですか。これは…いいw
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)