SVM-8600

2011年07月22日
関連ワード:韓国 , サーベイメーター ,
SVM8600_001.jpg
製品仕様
メーカー SFT(Sans Frontier Technology)[公式]
検出器 端窓式GM管
オプション:半導体
測定可能放射線 α線、β線、γ線、X線
線量率範囲 0.1μSv/h~1mSv/h
※オプション(PINダイオード):0.1μSv/h~1Sv/h
[Display]
0.01μSv/h~1mSv/h
※同上オプション:0.01μSv/h~1Sv/h
積算線量範囲 -
アラーム機能 あり
計測時間 -
エネルギー感度 30keV~6MeV
バッテリー 1.5V単2電池×2本(2000時間)
使用環境 動作:-10℃~+50℃ / 保管:-25℃~+70℃ / 90%(35℃)
寸法(mm) 150×90×40mm
重量 340g
【グレー】
備考・その他 表示単位はSv/hの他にmrem/h、CPSもあり(上記スペックも含め、以上はすべて公式サイトからの情報です)。

SPD-9100」と同じメーカーですね。公式サイトでは線量率範囲が「0.1~1mSv/h」と表記されていますが、本当かなぁと。もしかしたら「0.1μSv/h~1mSv/h」では?? ただ、これはあくまで私の個人的な想像ですので、正確なことはメーカーもしくはショップにお問い合わせを。

以下はショップの説明から得られた情報です。
「放射線量率の測定範囲:0.01μSv/h~1,000μSv/h」となっています。公式サイトの説明と異なりますね。どちらが正しいのか。あるいはどちらも間違ってたり?

・普通使用モードと特別使用モードがある
・半導体検出器(PINダイオード)は使用するかどうかを選択できる
・CPMもあり

※追記:公式サイトがリニューアルしていました。スペックもそれに従い修正しました。
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)