さらに謎が深まった「ADR-10」。ちょっとしっかりして下さいよw

2011年07月22日
関連ワード:最新入荷情報
韓国・ILJIN Radiation Engineering社の「ADR-10」が出品されていました。このシンプルなデザインが個人的にはとても気に入っているのですが…言いたいことがたくさんありますw

まず、同社公式サイトが大幅リニューアルされ、各製品のページがちゃんと確認できるようになっていました(→製品一覧ページ)。が、あれ? やっぱりスペックは見れませんね(^^;)

まあいいでしょう。では、とりあえず線量率範囲でも確認しようとしたら…。これがまたとんでもないことにw 3パターンの説明があります。

日本における代理店・株式会社日本ネットワークストレージラボラトリの説明
→Doserate : 10uSv/h~1Sv/h

「u」はおそらく「μ(マイクロ)」でしょう(小文字のu → 10^-6 倍のSI接頭語 μ(マイクロ)の代用字 ~wikipediaより)。だとしたら、え? 10μSv/h? いやいやいやw どんな状況でこれを使えとw

上記商品取扱店・創建コーポレーションの説明
→商品ページ中ほど/線量率:20μSv/h~500mSv/h
商品ページ最下部のスペック表/放射線量率の測定範囲:0.01μSv/h~1,000μSv/h

もう何がなんだかw

最後のスペックはこの「SVM-8600」のものでしょうかね。書き換え忘れかな?

というわけで、このシンプルデザインにはとても惹かれるのですが、スペックがよくわかりません。気になる方はショップにお問い合わせを。

※追記:その後、ショップの説明が修正されました。一応は”正しい”スペックになっています。ですが、ページ中段はやはり「20μSv/h~」のまま。はてさて…。

2011.07.27追記:上記ショップの説明が修正され、ページ中段も「10μSv/h~」となりました。
関連記事
エアカウンターEX

前後の記事

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)