2011/07/15

多機能・高性能測定器(サーベイメーター)FLUKE「ASM-993」

FLUKEの「ASM-993」です。最初に公式サイトの概要を素人翻訳してみます。

ASM-900シリーズは、1μR/h~1R/h(1~5,000,000CPM)という操作レンジ内で、α線、β線、γ線、X線を検出することができます(ユーザーが選択したプローブ(GM管、中性子検出器、比例計数管、シンチレーション検出器)によります)。適切なプローブを組み合わせることで、この計測器を一般的なサーベイメーター、エリアモニタ、除染テスト計測器、汚染モニターとして利用することができます。
[参考サイト]FLUKE:ASM-990 Radiation Survey Meter

というと、別途、プローブを自分で用意しなければいけなそうですが、このASM-993にはエネルギー補填型GM管とパンケーキ型検出器が内蔵されています。

よくわからないのが計測単位です。ASM-990とASM-992の場合は、SvやBqといった単位にも対応しているような感じなのですが、ASM-993ではγ線は0.1mR/h~1R/h(60KeV~)、マイカ窓を介してバックグランド~80mR/h(α:3.5MeV~、β:35KeV~、γ:6KeV~)としか書いていません。気になるようでしたら、購入の際にご確認を。

※もう少しちゃんとわかりましたら、カタログとしてもまとめます。
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+