2011/07/13

TERRA非正規品まとめ

とてつもない数のTERRA非正規品が出回っているようです。Sparing-Vist Center社=ECOTESTのOEM、ODM、そういったものの類で唯一、私が知っているのはDoza社製のTERRA(表記はTEPPA)だけです。

[関連記事]
今さらながらですが、TERRAシリーズの違いをわかりやすく表にしてみました
非正規品のパターン

まず、具体的に非正規品のパターンを紹介してみます。

■ロゴがない

terra_nise001.jpg terra_nise002.jpg terra_nise003.jpg

ECOTESTのロゴが入っていません。商品画像がこうなっているだけで、実際に届く商品にはロゴが入っているかもしれない。だけど、そもそもこんな画像を掲載している時点でおかしいです。商品としてもショップとしても信用できません。

なお、本当はDoza社製なのに、それを隠したいがためにロゴを消しているということもあるようです。Doza社製品自体に問題はありませんが、ショップとしての姿勢に問題があります。そんなショップから買うべきではありません。

■Skypro Medical Supplies Company

terra_nise004.jpg こちらも紹介済みですが、本体にゴチャゴチャと社名やURLが記されているものです(上記社名に限らないかもしれません)。また、箱が黒くてカッコイイ(笑)というのも非正規品の特徴だとか。

非正規品がなぜダメか

もしかしたら品質は正規品と変わらないかもしれません。あるいはまったく違うかもしれません。この点がわからないので、非正規品の購入は控えた方がいいでしょう。

次に、万が一故障した場合にしっかりとしたサポートが受けられるかどうか不明です。おそらく非正規品の販売者は口では「安心サポート」などと言っているでしょう。しかし、非正規品を扱っている時点で信用に足りません。「安心サポート」といった文句も当然信用できません。

そして、一番肝心な点はここです。たとえばパソコンやテレビであれば、粗悪品だと動作がおかしいでしょうからすぐわかります。ですが、放射線測定器の場合は、粗悪品かどうかが判別しづらいことも多々あります。放射線は目に見えないために、表示されている数値を信用するしかないからです。ですが、その数値がまったくのデタラメだと、健康に、命に関わります。パソコンが故障したところで健康を害することはありません。ですが、放射線測定器は違います。健康に、命に直結する問題です。ですから、少なくとも粗悪品の混入率が高いであろうことが想像できる非正規品は買わない方がいいのです。

性能を見るな。見るべきは信頼性だ。

性能なんて、どうとでも言えます。

「β線も測定可能!」

「0.01μSv/h~測定できます!」

ですが、問題は本当にその性能通りに動いてくれるかどうか=信頼性です。

性能なんて二の次。

信頼のおけるメーカーの商品を、信頼のおけるショップで購入して下さい。

TERRAシリーズ一覧(楽天市場)
TERRAシリーズ一覧(Amazon)

最後に、当記事の執筆でも参考にさせてもらった、Sparing-Vist Center社=ECOTESTと正規の取引をしている会社「Real JAPAN」のサイトから、当該事項に関する文章を原文ママで引用させてもらいます。

ECOTEST TERRA MKS-05のOEM生産品との虚偽の販売について

ECOTEST TERRA MKS-05のOEM生産品として
香港の会社が販売している製品についてのご質問が
多数寄せられておりますので回答いたします。

◆実際にあった事例
・香港の会社からECOTEST TERRA MKS-05のOEM生産品の購入案内のメールが来る
・yahooオークションなどで出品されている
・企業向け仕入サイトでECOTEST TERRA MKS-05のOEM生産品と広報がされている
・修理は香港のメーカーが保証するとの回答が行われている

◆当該商品の特徴
・外形はECOTEST TERRA MKS-05と同じである
・製品の表面に当該企業のサイトなどの英語表記が多数記載されている
・外箱はウクライナのオリジナル品よりも品質が良い
・香港のOEM生産品のはずなのにMade in Ukraineと記載されている
・ECOTESTオリジナル品の製造メーカーSparing-Vist Center社の保証書が付いている

◆調査結果
・Sparing-Vist Center社は香港の企業に香港での販売用として
 ECOTEST TERRA MKS-05を3ヵ月で100台販売
・購入した企業は正規代理店契約もOEM生産契約も一切していない
・日本への販売は認めていない
・通常の取引で購入した製品を無断でリパッキングして日本で販売したようだ。

◆調査結果を踏まえた今後の対応
ECOTEST製品製造メーカーSparing-Vist Center社は当該企業への販売を直ちに停止する
・OEM等の虚偽の情報で消費者を混乱させた
・香港での販売が前提で日本への転売は認めていない
・リパッキングを無断で行っている
・今後、リパッキング品だけではなく偽造品を混入され販売される可能性がある
・偽造品の場合、出荷前の放射線物質測定検査が行われず非常に危険な事態となる

ECOTESTのブランド名は浸透している中で、企業名であるSparing-Vist Centerの 名称が浸透していない間隙を突かれた悪質な事例との判断です。

[ソース]Real JAPAN
http://www.realjapanrus.jp/blog_detail/&blog_id=2&id=39
関連記事

コメント

非公開コメント

MKS-05 新型Bluetoothなし

MKS-05 新型Bluetoothなしと、新型Bluetooth付、いずれも銀歯個を購入してみましたが、箱、説明書、本体外観、中身、Bluetooth以外全て一緒。つまり、新型Bluetooth無しは、正規品として存在しています。

MKS-05 新型Bluetoothなし

MKS-05 新型Bluetoothなしと、新型Bluetooth付、いずれも銀歯個を購入してみましたが、箱、説明書、本体外観、中身、Bluetoothk機能以外全て一緒。つまり、新型Bluetooth無しは、正規品として存在しています。

情報ありがとうございます。

いわゆる青歯モドキを非正規品だとは私も断定していません。あるかもしれないと思っています。また、あるかもしれないということをうかがわせるいくつかの事実も把握しています。

逆に、不自然な点もいくつかありまして、個人的には非正規品だと断定はしませんが、自信を持って正規品として存在しているとも言えないというのが現状です(^^;)

さて、お寄せ頂いた情報に関してですが、箱、説明書、本体外観、中身が同じであっても、それがすなわち正規品であるとの論理的な根拠にはなりえないような…。一般論として、箱、説明書、本体外観、中身が同じであっても非正規品、というものもありえるわけですので…。

ただ、青歯モドキが正規品として存在するかもしれないことを示してくれるとても有益な情報ではあります。参考にさせて頂きます。

ちなみに、「青歯モドキ」という言い方に非正規品であるとの意味合いは含まれておりません。青歯=Bluetooth版に、もどき=似ているという意味ですから。

現在、Sparing-Vist Center社にもメールにて、実際のところどうなのか、もしあるとして今もなお製造されているのか等を問い合わせています。一向に返事が来ないのですが(^^;) もし返事が来ましたら、当サイトでも報告させて頂きます。

この度はとても参考になる情報をお寄せ頂きまして、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

MKS-05の更新バージョンは、2つのバージョン

線量計"TERRA"MKS-05の更新バージョンは、2つのバージョンがあります。
Bluetoothの通信チャネルを持つものと持たないもの。
"TERRA"MKS-05の2つのバージョンの技術的特性は、オプションのBluetoothのチャンネルを除いて同じです。
 
ロシアのショップの説明ではそのように書いてあります。
http://comfortshop.com.ua/product/-mks-05-terra-bluetooth-2010/index.html
 
日本の代理店にはBluetooth無しは入っていない様なので、Bluetooth無しは海外の代理店から直接買っているのでしょうね。
 

Re: MKS-05の更新バージョンは、2つのバージョン

情報ありがとうございます。
同様の説明はチラホラといろいろなショップで見かけますね。
この件に関してはparing-Vist Center社に問い合わせ中です。
レスポンスがありましたらご報告致します。

正式型番

取扱説明書P6に記載されている内容によると、
型式番号
BICT.412129.008-05-02 Bluttooth無線通信無し
BICT.412129.008-05-05 Bluttooth無線通信有り
専用ソフト(カドミウム-エコモニター)はBluttooth無線通信に付属する
と書いてあります。

説明書はどちらも同じものを使っています。

WithoutBluetooth

WithoutBluetoothは英語説明書(TERRA公式)の18ページに出ています。
メーカー型番が有る以上、存在するのは明らかです。
モドキなど、偽物と誤解を生む失礼な表現は適切な表現とは言えませんよ。
 
http://www.ecotest.ua/download/manual/terra_bt/TERRA_new_manual_en.pdf
※4.86 MB 光回線でもダウンロードに数分の時間がかかります。
 

コメントありがとうございます。
お寄せ頂いた情報をもとに記事を修正致しました。
今後ともよろしくお願い致します。

MKS=05 青歯なしの新型について

MKS-05 青歯なしと、青歯つきの新型両方を所有しています。こちらのブログを見て気になったので、相違点を見てみたのですが…。箱から説明書、本体まで、相違点は、皆無です。もちろん、青歯マークと、青歯機能の有無、そしてCDソフトの付属は違いますが。

また、ECOTESTを製造している、に確認をしましたところ、以下のような説明受けました。Sparing-Vist Center社にも確認しました。その結果、以下のような説明を受けましたのでご参考までに。
・MKS-05の新型青歯なしは、存在する。
・福島の事故を受けて、日本の公共機関や役所などに買ってもらう目的で、緊急に製造した。
・故に、一般のディラールートには乗せていない。
・福島の事故後、日本を含む世界中のディーラーから発注があり、旧タイプのバックオーダーに対応する関係だ。的な説明を受けました。ご参考までに

Re: MKS=05 青歯なしの新型について

コメントありがとうございます。
私はすでに2~3通メールを出しているのに、まったく返事がきませんでした(^^;)

なるほど、そういう事情があるからあまり目にする機会がないんですねぇ。
いや、私の無知というか、情報提示の仕方のマズさを反省してしまいます。
大変貴重な情報、ありがとうございました。



そういえば、他の方からは
「もう生産中止が決まっているからホームページ上では購入できないようになっている、と言っていた」
なんて情報も頂きました。
どうなんでしょうね。
緊急的にということであれば、もしかしたらそうなるかもしれませんね。


rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+