2011/06/30

SOR-T / SOR-R

sor_001.jpg
製品仕様
メーカー Mirion Technologies[公式]
検出器 不明
測定可能放射線 γ線、X線
線量率範囲 測定範囲:0.1μGy/h~10Gy/h
表示:1μGy/hもしくは10μGy/h~10Gy/h
※Sv表示もできます。ちなみにγ線ですから1Gy=1Svです
積算線量範囲 1μGy~10Gy
アラーム機能 あり
計測時間 -
エネルギー感度 <±20% 60KeV~2MeV <±50% 2MeV~6MeV
バッテリー CR2450リチウム電池(1年)
使用環境 -20℃~+50℃(通常の使用範囲で、3V CR2450 リチウム電池の場合)
寸法(mm) 80.4×48×9mm
重量 55g
【黒】
備考・その他 公式サイトのデータシート(PDF)にHp(10)と明記されているので、個人線量計ですね。

SOR-TとSOR-Rの2タイプがあるのですが、その差がよくわかりません。以下がSOR-Tの特徴だと言うのですが…。

Flash gamma dose mesurement:5cGy~10Gy
Flash neutron dose management
Relative error of flash mesurement:±30% over mesurement range

「flash gamma」が一体なんなのか。天文学系のページではγ線バーストとかフラッシュとかという単語が出てくるのですが、それですらサッパリです。これに関係しているのかどうかもわかりません。素人の限界です。ちなみに単位の「c」は「cm」で10のマイナス2乗ですから、5cGyをわかりやすく言い変えると50mGy、あるいは0.05Gyとなります。

NATO加盟国、NATO軍事施設等でよく使われているようです。

なお、同シリーズに「SOR/RF」という機種もあります。それほど大きな性能差はなさそうです。
詳細・購入 NATO加盟国でも利用されている線量計「SOR/R」送料無料 Military Radiation Dosimeter SOR/R
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+