DoseRAE-PとDoseRAEの違い

2011年06月22日
関連ワード:最新入荷情報 , RAESystems ,
「DoseRAE-P」です。「DOSERAE-RAE168」という商品名になっていますが、このような表記がどこから来ているのかは不明です(たまに見かけるんですけどね。ショップ上では)。少なくともRAE Systems公式サイトでは「RAE168」的な表記は一切ありません。公式サイトで確認できるのは「DoseRAE」と「DoseRAE-P」の2種だけです。

さて、「DoseRAE」と「DoseRAE-P」の違いですが、アラーム設定の仕方にあります(本体に「P」の表記があるかないかという見た目上の違いを除けば、おそらく違いはこの1点のみ)。

設定可能アラーム
線量計は二種類ご用意しています。
・DoseRAE-P では、線量計のボタンを使い「オンザフライ」でアラーム設定を変更できます。
・使用者が不注意でアラーム設定ポイントを変更することのないよう、DoseRAEの設定は線量計リーダーでのみ変更可能です。

オンザフライ(on the fly)とは、「その場で」「すぐに」といった意味です。つまり、「DoseRAE-P」は本体のボタンでいつでもどこでも設定変更が可能。一方、「DoseRAE」はPCと接続し、PCから設定の変更をする必要があるということです。

どちらを取るかですね。いつでも設定変更できるほうがいいか、操作が簡易に(&誤操作防止)なったほうがいいか。

ちなみに「DoseRAE」はこちらです。「PRM-1000」という表記は、以前、もしかしたら見かけたことがあるかもしれません(記憶が曖昧です。すみません。現在は公式サイトにこのような表記はありません)。けど、こちらでもやはり「RAE168」となってますね。なんなんでしょうね。誰か教えて下さいw

「DoseRAE」商品一覧(DoseRAE 2含む)

[関連記事]
「DoseRAE-P」が5,000円台w ~「DoseRAE-P」をガイガーカウンターと呼ぶ違和感
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)