2011/06/22

PKC-107

関連ワード:ベラルーシ , サーベイメーター ,
pkc107_001.jpg
製品仕様
メーカー BELVAR[公式]
検出器 GM管
測定可能放射線 β線、γ線、X線
線量率範囲 0.1μSv/h~999.9μSv/h
積算線量範囲 -
ベータ粒子束密度 0.1~999/cm^2・min
放射能質量濃度 2~9990Bq/g
アラーム機能 -
計測時間 -
エネルギー感度 γ:0.06~1.25MeV / β:0.5~3Mev
バッテリー 9V乾電池×1本
使用環境 -
寸法(mm) 154×77×39mm
重量 450g
【黒】
備考・その他 GM管はSBM-20。写真のように裏フタを外してケースの上に乗せ、水や食品の放射線量を測定することも可能なようですが、まあ…。本当にこれで計って判断しようなんて人はおそらく…(^^;)

メーカー公式サイトは不明です。スペックはすべてオークション出品者の説明等を参考にしました。正確かどうかはわかりません。

pkc107_002.jpg pkc107_003.jpg

2011.07.22追記:製造国がベラルーシという情報もあります。ただ、いかんせんメーカーすらわからない状況ですから、なんとも…。メーカーをご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひ情報をお寄せ下さい。

2011.12.16追記:製造国、メーカーに関して情報をお寄せ頂きました。コメント欄をご参照下さい。
詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント

pkc-107

PKC-107の製造はベラルーシのBELVAR社で、BELVARとINFOTONの2つのブランド名を使っています。
ロシアでは多くのサイトで販売されています。
NHKの番組でも実際に市場で使われているのが放映されました。

Re: pkc-107

情報ありがとうございます。「INFOTON」は初耳でした。メーカー公式サイトが見つからないのですが、「INFOTON」もヒントに加えられるので、もしかしたら新たに情報をつかめるかも…。

pkc-107

pkc-107のブランド名の件は、商品を輸入したモスクワの会社に確認した情報です。海外向けはINFOTONですが、国内向けはBELBARとINFOTONの両方を使っているよようです。液晶表示の単位と操作パネルの文字はロシア語と英語の2パターンありますが、中身は同じです。ロシア政府の計量器の基準を満たしていて登録されています。
メーカーのサイトは下記のようです。卸している販売先(ロシア?)のリストも記載されています。
ただBELBARという文字がどこにあるのかわかりませんでした。
http://zsvt.by/rus/manufacture/production/~group_id__n27=19~page__n27=1~id__n27=23

あと、弊社の販売ページも載せておきます。
http://www.koekisozo.co.jp/sokuteiki/

Re: pkc-107

情報ありがとうございます。そういう事情があるんですねぇ。なるほど、勉強になりました。

この”公式サイト”には、外部検出器(プローブかな)を取りつけられるといった説明があります。

Имеется возможность работы с внешними блоками детектирования, что позволяет значительно повысить точность измерений.

It is possible to work with external detection unit that can significantly improve the measurement accuracy.

PKC-107にそんなものをつけられるインターフェイスありましたっけ??

外付けブローブの件

インターフェイスは、裏蓋の上の部分にもう一つ小さなふたがあり、裏蓋を開けるとスライドして開けれるようになっています。その中に丸い形状で8個の穴が放射状に空いている接続部があります。(ものによってはついていないものもあります)。
商品の説明書には、接続部についての記載はありますが、「外部接続機器」自体については何も記載がありません。
モスクワの卸業者や他の販売サイトに「どんなものなのか、どこで売っているのか教えて欲しい」とメールで結構しつこくたずねたのですが、返事はもらえませんでした。おそらくロシアで販売されている汎用のものが使えるのではないかと思い、現在「捜索中」です。

Re: 外付けブローブの件

あー。
http://www.jais.ru/rkc-107.html
裏蓋上の正方形っぽい部分ですか。なるほど。

ただ、現実的に、プローブをつけて表面などを測定するとなったら、Bqで表示させるしかないですよね。しかも、Bqということは検出部の面積に依存しそうですから、それを測定値に反映させるにはどうやって調整するのか…。cpm表示があればいいんですけどねぇ。

少しなめてかかってました。なかなか奥の深い機種ですねw

Re: 外付けブローブの件

ベータ粒子束密度(単位 1秒、1cm2当たり)の値が出るのでそれで測定するのではないでしょうか。

Re: Re: 外付けブローブの件

ベータ粒子束密度で表示する場合は、プローブの検出部の面積や検出効率などには依存しないのでしょうか。PKC-107に限らず、汎用性のあるプローブをつけられるタイプは、このあたりのことだどうもよくわかりませんで…。


rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+