「PA-1000 Radi」入荷 改めて簡単な説明を

2011年06月21日
関連ワード:最新入荷情報
各自治体独自の放射線測定が広がっていますが、自治体でもよく使用されている「PA-1000 Radi」です。また、同等機種が「はかるくん」として教育機関等に貸し出されていたようです(現在、広く貸しだされているのはCP-100のようです)。

検出器はCsI(Tl)シンチレータ。γ線に感度がよく、空間放射線量を測定するのに適しています。有効測定範囲は0.001~9.999μSv/h(積算線量は測定できません)。電源を入れるだけで特別な操作はほとんどいりません。

お子さんのいるご家庭、とにかく簡単に操作したいという方、空間放射線量を精度よく測定したい、そんな方にいいのではないでしょうか。
関連記事
エアカウンターEX

コメント一覧

コメントを投稿する




管理者にだけ表示を許可する

みんなの放射線測定入門 (岩波科学ライブラリー)
著者:小豆川勝見(しょうずがわかつみ)

いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話
著者:菊池誠(きくちまこと)×小峰公子(こまつきみこ)

武田邦彦が教える 子どもの放射能汚染はこうして減らせる!2 親子で一緒に実践編  (SUKUPARA SELECTION)
著者:武田邦彦(たけだくにひこ)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)
著者:竜田 一人(たつたかずと)