2011/06/18

高性能電離箱式放射線測定器「451P/B」(Fluke)出ました

関連ワード:最新入荷情報

フルーク(Fluke)のサーベイメーター、451Pと451Bが出品されました。電離箱式の高精度測定器です。PとBの主な違いは測定レンジと分解能です。

451P
電離箱容積:230cc
測定レンジ:0~50mSv/h
分解能:0.01µSv/h
レスポンス:5秒(0~5μSv/h)

451B
電離箱容積:349cc
測定レンジ:0~500mSv/h
分解能:0.1µSv/h
レスポンス:8秒(0~50μSv/h)

つまり、関東近県など低線量地域では451P、福島第一原発近辺など高線量地域では451Bがいいかもしれません。基本的には一般の使用でしたら451Pを選んでおけば問題ないと思います。500mSv/hなんて数値が出た日には即刻退避して、場合によっては病院ですから(^^;

追記:オプションもあるようです。
フルーク(FLUKE) ソフトウェア(ケーブル付き) 451EXL
フルーク(FLUKE) キャリングケース 190HPS
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+