2011/06/13

利用シーンを考えてしまう「GMX-L」

「GMX-L」という機種のようです。見たことはあるような気がします。

スペックがよくわかりませんね。

> 0.4マイクロミニシーベルト以下の不安定な、
> ノイズデータを集計せず、
> 0.5マイクロミニシーベルト以上を切り上げ補正します。

つまり、最低表示が1μSv/hで、その次がいきなり2μSv/h? もしそうなら、一般的な使用には向いてません。おそらく、ほとんど反応を示さないかと。どういう場所でこれが役立つか。高い線量ならいいかというとそういうわけでもないですし…。

だいたい、マイクロミニシーベルトって…。なんでしょうかね(^^;
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+