2017/10/13

VeriFinder

関連ワード:アメリカ , サーベイメーター , スペクトル ,
VeriFinder_01.jpg
製品仕様
メーカー Symetrica [公式]
検出器 1.5"1.5" crystal with Discovery Technology
γ線:LaBr3(SL20)/NaI(SN20)
中性子線(オプション):3He-free(6Li:ZnS blades)
測定可能放射線 γ線、X線、中性子線(オプション)
線量率範囲 10nSv/h~100mSv/h(Cs137)
計数率範囲 -
積算線量範囲 -
アラーム機能 あり
計測時間 -
エネルギー感度 γ線:25KeV~3MeV
バッテリー リチウムイオンバッテリー(8時間)
使用環境 -32℃~+50℃/3%~98%(35℃)
寸法(mm) -
重量 1.85kg
【白】【黒】
備考・その他

「Discovery Technology(以下、DT)」はSymetrica社の商標で、シンチレーターによる核種同定の独自技術です。当機の核種同定部分の詳細は同社に問い合わせる必要があります。

2016年2月頃にリリースされたRIID(radio-isotope identifier)です。上記スペック表には書ききれない、さまざまな搭載技術等に関しても公式サイトでご確認を。

radseeker_001.jpg

DTはOEM的にさまざまなメーカーに提供されていて、その中でもっとも有名なのが、Smiths Detection社の「RadSeeker」でしょう。同機はアメリカの政府機関、DHS Domestic Nuclear Detection Office(DNDO)でも採用されています。

あくまでも私の想像ですが、「RadSeeker」が億単位の調達をがんがん獲得しているのを、もう指をくわえて見ているだけでは耐えられず、とうとうみずからRIIDを作り始めた。という本音もあるようなw

詳細・購入 商品一覧(楽天市場) | 商品一覧(Amazon)
関連記事

コメント

非公開コメント



rss001.gif twitter001.gif fb001.png Google+